アイビスSD | SCHUMA 3冠日~競馬・POG・予想~

SCHUMA 3冠日~競馬・POG・予想~

2005年10月23日。ディープインパクトが菊花賞優勝。ついに無敗の3冠馬のオーナーになった。1993年初夏に始まったPOG人生。翌年にはサンデーサイレンス産駒が登場した戦国時代を12年11勝で生き抜き、SS指数によって発掘した史上最強馬で、今ここに天下統一を果たした。

【アイビスSD】

◎⑭オールアットワンス

★⑥⑦⑧⑪⑫

3連複◎流し★へ

馬券とは関係なく、出走メンバーを見て一番興味を持ったのは⑪ロードエース。エーシンフォワード産駒で母も母父も栄進軍団で固められているのに「ロード」所属で、しかも馬名はなぜか「エース」という期待感たっぶりのネーミングがされている。ただ、エースと呼ぶには体質が弱く、早い時期の出世を妨げてきた。主戦場はダート1200で、芝は2歳秋の2戦目に大敗して以降、3年半も使われず、ダート戦でも芝スタートのコースは敬遠していたほど芝が合わなかった。そんな砂のスプリンターが前走の韋駄天Sで千直に挑戦すると、持ち前のスピードを存分に発揮して、好位追走から3着に粘り込んでみけた。芝未勝利のエーシンフォワード産駒にあって、これはある意味“快挙”と言えよう。今回ももちろん応援したい。

一方、そんなエースが走ったからこそ疑わしくあるのは韋駄天S当日の新潟の馬場で、春開催後半で、稍重発表ながは時計はかなり遅く、レースでは向かい風もあって、先行馬はかなり苦労していたようだ。今週からの超高速馬場とは異質な舞台設定だったことを思うと、そこでの着順は鵜呑みにできない。

というわけで、本命はオールアットワンス。最大のアドバンテージは何と言っても外めの14番枠を引けたこと。そして、新馬⇒オープンを逃げて連勝したスピードと、3歳牝馬で51㌔で出られること。天気も快晴で、高速の良馬場になったのもいい。葵S3着後、ここを目標に余裕を持って調整されてきたこの馬にとって、あらゆる条件が味方した。1頭軸で勝負!