土曜勝負! | SCHUMA 3冠日~競馬・POG・予想~

SCHUMA 3冠日~競馬・POG・予想~

2005年10月23日。ディープインパクトが菊花賞優勝。ついに無敗の3冠馬のオーナーになった。1993年初夏に始まったPOG人生。翌年にはサンデーサイレンス産駒が登場した戦国時代を12年11勝で生き抜き、SS指数によって発掘した史上最強馬で、今ここに天下統一を果たした。

何とか楽しもうとテレビの前に陣取った東京五輪の開会式だったが、残念ながらあまりに期待外れな内容だった。詳しくは後日書こうと思うが、未来の子どもたちに何かを伝えたいならもっと簡潔に、短時間で終わらせてほしい。結果的に「長かった」という印象が強く残ってしまった。

明けて本日は新潟5Rで“ワタシの伝説の新馬戦”。もちろん、コリエンテスとプルサティーラのワンツーを期待してレースを見守ったわけだが、結果は逃げた馬に突き放されての2、3着だった。2頭とも負けてしまったのは本当に痛恨だが、レース内容としては控えて、抑えて、しっかり伸びてと、新馬戦としては上質な走りを見せてくれたわけで、逃げ馬に残られたのは仕方がないかなといった感じ。マイルの距離も2頭にとってはやはり「短かった」わけで、距離延長の2戦目ではしっかり結果を出してくれるだろう。

【新潟11R越後S】

◎⑩サウンドワイズ

★①④⑫⑭

△⑧フォルツァエフ

馬連◎~★

ワイド◎△

★4頭の激しいハナ争いで激流必至のこのレース。だからと言って後方でのんびり構えていたら届くわけもなく、狙いは無理なく追走できるスピードがあって、しまいもしっかりしているタイプということで、サウンドワイズに白羽の矢。春の新潟で1勝クラスを勝ち上がった4歳牝馬で、ここは先週の小倉1000を叩いての意欲の連闘策。先行勢が止まったところをきっちり抜け出してくるとみた。

相手は、逃げ争いの4頭から行き切った1頭だけが前で残るパターンを描いた。穴で展開利が見込める△とのワイド。

【函館11R・TVh杯】

◎⑤メイショウミモザ

○⑨ショウナンアリアナ

▲⑫ヴェントヴォーチェ

△①④⑦⑩

3連単◎○▲ボックス

3連複◎○~△

同条件だった函館日刊スポーツ杯の上位組がここでも中心になる。狙いは休み明けでチグハグなレースになりながら3着したメイショウミモザ。函館芝【2110】の成績が示す通り、この条件はベストで、今回は叩き2走目の上積みも見込める。軸のもう一頭にはショウナンアリアナを指名。休み明けを②②着と安定感たっぷりにまとめており、ここも好位から持ち味を発揮してくれそうだ。

一発あるならヴェントヴォーチェ。長期休養明けの福島は22㌔増ながら3着と好走。馬格があって函館の芝も苦にしそうになく、すんなり先行できれば◎○をまとめて倒すシーンもありそうだ。