学ぶ姿勢

テーマ:

来月は県民体育大会が予定されており、競技はゴムボールではあるが、我チームは佐伯市の代表として大会に出場する。


大会には35歳以上で数名の参加が必要なため、当院関係者からも有志で参加いただいており、練習にも入ってもらっている。
 

その中のOさんの進化には毎回驚かされる。
0からのスタートにしては吸収が速い。素直で貪欲で、できない自分を悔しがったり、向かっていったりと、教えていてこちらが楽しくなる。
本来スポーツの良さとはこういうことが原点ではないだろうか。選手も指導者も楽しみながらやれるのは素晴らしいこと。

ただ、「楽しむ」ことの意味を間違って捉えてはいけない。
スポーツには「レクリエーション」と「競技」があり、その違いは当然ある。

「レクリエーション」は勝敗や上手い下手を問わず、皆で楽しむ。
「競技」は結果を出すためにやる。その結果を出すために試行錯誤し、チームスポーツの場合は技術だけでなくコミュニケーションの取り方やメンタルの強さも重要になる。それを好きなスポーツのために頑張れるかだと思っている。

Oさんを見て思うことがもう2つある。それは「言い訳」を一切しないことと「一生懸命さ」。学ぶ姿勢を見せてもらっているようだ。
 

選手は気づいているかなぁ。
 

AD