臨月の私は突然来るかもしれない陣痛にびくびくしていました。

初めての事ですから、陣痛がどんなふうに始まり、

どれくらい痛いのかも想像がつきません。

それまでにいろんな人にそれそれのお産ストーリーを聞きまくりました。
結果、誰一人として同じ経過をたどった人はいませんでした。
自分のお産も誰かの参考に?なるかわかりませんが
シェアしたいと思います。

私のお産ストーリー ~40週1日で計画出産~》
日曜日
13時。入院。
15時。子宮頸部を短くし、子宮口を広げるタンポンをいれる。
    夫のLには帰宅してもらう。
19時頃。軽い陣痛が始まる。
23時頃。陣痛間隔5-10分。痛み止めが欲しいレベルの痛みに。
     個室の出産部屋へ。
月曜日
4時。自然破水。子宮口は1cm
5時。夫のL到着。
8時。陣痛促進剤開始。
   シャワーを浴び、ベッドから出てると痛みが和らぐ。
   バランスボールに乗ったり、うろうろしたり。
   時々くる陣痛の波を呼吸法でやり過ごすも、そこまで痛みは強まらず。
   陣痛の間隔も縮まらず、促進剤どんどん増量。
13時。陣痛間隔約3分
    陣痛かなり強まってくる。
    横になると痛みが増強したため、ベッドの形を座位に変形してもらう。
14時。陣痛、どんどん強まる。
    ガス麻酔、皮下注射麻酔(フェンタニル)と使われましたが私にはあまり効果なし。
15時。腰椎麻酔(エピ)を入れる。
    陣痛2分間隔。促進剤どんどんどんどん増量。
21時。促進剤上限。
    結果、子宮口4cm以上広がらず。
    これ以上継続しても仕方がないという事で帝王切開になる。
火曜日
0時。 緊急帝王切開
 
腰椎麻酔を入れるまで20時間陣痛に耐え、
更に9時間お産がすすまず帝王切開になりました。
妊娠後期はお腹が大きく不眠だし、
出産で2日完全徹夜だし、
出産後は赤ちゃんのお世話で不眠。
ホルモンのせいでピリピリイライラ。
 
産後1か月は体もメンタルもぼっろぼろ。
ぼろっぼろのがったがた。
体が回復したかな、と思えたのは2か月以上経ってからでした。
 
得た格言は、
『妊娠出産で体はぶっ壊れる。』