暗唱の取り組み方

テーマ:

こんにちは、福岡教室の蔵原です。

10月に入りやっと秋らしさを感じる気温になってきましたね紅葉

朝晩と日中と寒暖差が大きい時期ですので、

風邪をひかないようにお気を付けくださいねニコ

 

今日は、英語コースでお渡ししている暗唱の取り組みファイルから

「暗唱の取り組み方」について、お伝えしたいと思います。

英語コースでお渡ししている・・・とは言っても、

幼児コースの暗唱の取り組みでも同じ流れ

で考えていただければと思います。

 

合格暗唱の取り組み方

1.暗唱素材を聞かせ、耳から覚える。

2.少し耳が慣れたころに、一緒に言ってみる。

3.7割くらい言えるようになったら、一人で言わせてみる。

4.できたところは、とにかく大いにほめる。

5.自分ひとりで言えるように整える。

 

普段からCDなどを使い、音で慣れていると口に出しやすいです。

お子さんが同じ絵本を何度も何度も

「これ読んで!」

と持ってこられた、ということはありませんか?

 

何度も何度も読み聞かせているうちに、お父さんお母さんが

読んでくれている文章を耳から覚え、そのうち一緒に

真似をして、いつの間にか覚えてしまっている・・・

というのが、理想的な暗唱です。

お子さんも楽しみながら取り組んでいるので

苦になりません。

 

年齢があがると、好みも出てくるので

好きなものだけ暗唱するというのは難しいかもしれませんが

まずは、いきなり読んで覚える!ではなく

耳で慣れてから、段階を踏んで暗唱に取り組めると

いいですねニコニコ

 

AD