Appleは2022年1月13日(木)に「IOS15.2.1」をリリースしました。

 

前回のIOS15.2から約一か月後ぶりのアップデートになります。

今回はアップデートで追加された機能や不具合をまとめていこうと思います。

 

アップデート内容

・メッセージでアイクラウドリンクを使用して送信された写真を読み込めないことがある問題を修正

 

・他社製のCaplay対応APPで入力に反応しない事がある問題の修正

 

発表されているアップデート内容は上記の二点になり、主に不具合の修正がメインのアップデートになります。

 

特に新規の機能が追加されたとの報告はありませんが、アップデートの容量が916.9MBとそれなりのボリュームとなっております。

 

毎度のことながら、このソフトウェアアップデートが行われた際に気を付けたいのがデータの事前バックアップの準備です。

 

iphoneは精密機械ですので、アップデート中に如何なる不具合が起きてしまっても不思議ではありません。

 

普段からあまりアップデートを行われない方であれば、一度このきかいにデータのアップデートを行っていただきますようお願い致します。

 

最新のIOSへのアップデート方法は下記の手順で可能でございます。

 

①「設定アプリ」をタップ

②「一般」をタップ

③「ソフトウェア・アップデート」をタップ

④「ダウンロードしてインストール」をタップ

⑤「パスコード」を入力

 

IOSのアップデートは端末のデータ容量などによってはかなり時間がかかってしまうこともありますので、就寝前など長時間iPhoneを使用しない間に行うのがオススメですよ。

 

また、IOSのアップデート後は一時的にバッテリーの電池消費が激しくなったり、アップデートが失敗して起動しなくなる場合もございますので、そういった場合は一度当店までご連絡くださいませ。