#17 LIGHTROOMを少しでも軽く、速くしたい→使い方次第でこんなにも変わる! | 今日は写真日和。LIGHTROOM編

今日は写真日和。LIGHTROOM編

LIGHTROOM、写真の編集、レタッチといろいろ。

こんにちは、写真スタジオ、「写真日和」のサムソンです。

Twitterを見ていると特にWindowsのユーザーの間で、LIGHTROOMが「調子が悪い」、「重すぎて使えない」というコメントをよく見かけます。「使いつらい」、「イライラする」と、結局写真と向き合う時間も短くなってしまう。

今日はそんな方々のために、LIGHTROOMを軽くする方法について書きたいと思います。

LIGHTROOMを使っていて、重いなって思ったら、まずLIGHTROOMを立ち上げ直すことをおススメします。LIGHTROOMの最新版にアップデートするのも有効な方法の一つ。アップデートはメニューからヘルプ>アップデートを確認。 

ハードウェア

ライトルームにはメモリー(RAM)は少なくても2GBは必要なので、パソコンのメモリーが2GBの場合はメモリーの増設しましょう。

ハードディスクをSSDに買い換えることもサクサク動くことにつながります。中でも私の名前に似てる「サムスンの840 PROシリーズ」がおススメです。価格は128GBで1万円ほど。特にMacbook Proを使っている方はその違いをすぐに実感できるかと思います。作業工程のビデオはYoutubeにたくさん出ているので、ご安心ください。



ハードディスクと比べて容量が少ないと心配される方が多いが、外付けのハードディスクは1万円で1TB買える時代なので、ソフト(アプリ)やメール、毎日使うものはパソコン本体にあるSSDに保存して、映画や写真は外付け(またはクラウド)に任すのがこれから一般的になるかと思います。それより毎日のイライラを解消しましょう。

ハードディスクがいっぱいになっていることがLIGHTROOMだけでなく、パソコンを遅くする大きな原因の一つです。いらないものを消すか外付けハードディスクを買いましょう。

パソコンの中に潜んでいるどでかいファイルは、WindowsだとWinDirStat、MacだとGrandPerspectiveという無料アプリで見つけ出すことができます。

GrandPerspective


WindowsでもMacでも、ハードディスクは世界で最も売れているWESTERN DIGITALがおすすめです。ポータブルタイプは電源ケーブルがなく、USBケーブル一本で接続できます。値段は1万円ぐらいで、容量は1TB(テラバイト、1024GB)、USB3.0(USB2.0と比べてデータを移したりするときに断然速い)のものが買えます。マック用がシルバーで、PC用は黒。保証期間は2年で、その間に何かあった場合、送り返すと新品を送ってきてくれます。

WD My Passport for Mac 1TB(Mac用 / USB3.0接続)




 WD My Passport 1TB/USB 3.0対応/ポータブル外付けHDD


スポット修正、ブラシツール、ヒストリーパネル

フォトショップと違って、LIGHTROOMは一枚の写真にスポット修正やブラシツールを何百回も使うようには出来ていません。一枚の写真にたくさんの細かい修正をする場合はフォトショップなどのソフトで行うことをおススメします。

また、現像画面の左にある「ヒストリーパネル」がいっぱいいっぱいになっているのも、遅くなる原因の一つなです。一歩ずつ修正を戻すことができなくなってしまいますが、ヒストリーを消すこともできます。(なお、ヒストリーを消しても写真を一番最初に戻すことはできます)

ヒストリー

修正の順番も大事

現像するときの順番によってもパソコンのパフォーマンスを影響します。最適の順番はこちら:
① スポット修正
② レンズ補正
③ 写真全体の補正、露光量、ホワイトバランスなど
④ ブラシと段階フィルター
⑤ ノイズ軽減、シャープ (特に重い)


CAMERA RAW キャッシュを増やす

メニューからLIGHTROOM > 環境設定 > ファイル管理画面で「キャッシュ」を増やすのも効果的です。

ファイル管理

JPGプレビューはデフォルトでは「標準」となっていますが、「フルサイズ 1:1 」を作成することによって読み込んだ後の動作を少し速くなります。


カタログの最適化

メニューからファイル>カタログの最適化も有効な方法の一つになります。

カタログの最適化



あとはLIGHTROOMを使うときに他のソフトを一旦閉じるのと、余計なソフトを削除させることですね。

画面右下にあるシステムトレイのほとんどは意味のないソフトです。閉じて、ついでにコントロールパネルからアンインストールしましょう。

Windows自体をパフォーマンスを優先するように設定もできます。マイコンピュータを右クリックしプロパティを選択、システムのプロパティの「詳細設定」のタブの「パフォーマンス」の「設定」をクリックするとパフォーマンスオプションが開きます。「パフォーマンスを優先する」にチェックを入れて、OK。

パフォーマンスを優先する。


超高画質の壁紙も目をチカチカさせるだけなので、やめましょう。もうすぐボーナスシーズンだし、人生は案外短い。そろそろMacを買いましょう。


ちゃんとしたパソコンを買いましょう

意外と知られていないが、一番安いMacのデスクトップiMacの21.5インチは91,000円で買えます。メモリーは8GBで、日常がびっくりするぐらい変わる。「今日なんかパソコンの調子が悪くて」って口にしたら、買いときです。パソコンは機械だから、調子などありません。


iMac


気持ちもパソコンも少し軽くなったことですし、軽い感じの記事を紹介したいと思います。


「決定的瞬間」はときに、「え!?」と思わせる写真を生み出す。そんな25枚の写真です。キャプションは英語ですが、なんとなく分かるかと思います。ちなみにこれらの写真は合成ではありません。アングルとタイミングです。

「ちゃんと見ないと理解できない25枚」BuzzFeedから

buzzfeed


今日はこの辺で、次回は前回の報道写真編に引き続き、世界の写真ブログ第二弾を書きたいと思います。それではまた明日、チャオ!



【今日は写真日和。LIGHTROOMの巻】

#01 写真の編集とレタッチの第一歩。→ 大量な写真はそろそろまとめよう!
#02 LRに読み込んで、半目をなくそう。→ プロのように不要な写真を簡単に分別

#03 写真に★を。写真の編集、選別。→「写真は数じゃない!」

#04 思い出の写真は選んではじめて意味をもつ。→ひとまず写真を減らそう!
#05 十年後でも写真は撮ったときに戻せる → 非破壊的に編集ってなに!?
#06 ヒストグラムの読み方。→写真を元に戻す方法も!

#12 補正ブラシで特定部分を調整できる →マスターすればフォトショップいらず!
#13 世界の写真ブログを紹介します → まずは報道写真編
#14 段階フィルターとゴミや傷を消してくれるスポット修正ツールをを使いこなそう。
#15 画像をJPEGなどに書き出す →写真に透かしを入れて写真を守ろう!
#16 宅ファイル便やFireStorageよりスマートに送信→「WeTransfer」のススメ
#17 LIGHTROOMを少しでも軽く、速くしたい→使い方次第でこんなにも変わる!
#18 世界の写真ブログを紹介します → きれいな写真がいっぱい


このブログを気に入ってくれたら、シェアしてください。ブログにコメントを残すのにちょっと勇気がいりますけど、そこポチッと・・・!励みになります。

FREE TRIAL DOWNLOAD
LIGHTROOMのすべての機能を30日間お試しで使える無料体験版のダウンロードはこちら


原宿にある大人のための写真スタジオ「写真日和」
宣材写真、グループ写真、ポートレート、家族写真
原宿駅から徒歩4分



写真スタジオ・写真日和



写真日和。さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス