■日本ピラー工業 <6490>  1,816円  +134 円 (+8.0%)  
 日本ピラー工業<6490>が急騰、戻り売り圧力のない上場来高値圏を突き進む展開。シリコンサイクルを覆す世界的な半導体需要の拡大を背景に、メーカー各社の設備投資需要も旺盛で、半導体製造装置メーカーの株価は軒並み大きく居どころを変えている。同社はこの製造装置向けにフッ素樹脂応用製品「ピラフロン」を手掛けていることで、収益拡大への期待が高まっている。市場では「発行株数2500万株と東証1部銘柄としては小型でPERも13倍前後と割安感があり、主力株が手掛けにくい場面では買いが向かいやすい。メカニカルシールは今後も半導体業界向けに高水準の需要が見込める」(準大手証券ストラテジスト)と指摘されていた。

■ピジョン <7956>  4,125円  +155 円 (+3.9%)  
 ピジョン<7956>が大幅続伸し、実質的に上場来高値を更新。5日の取引終了後に発表した第1四半期(2~4月)連結決算が、売上高239億7700万円(前年同期比5.4%増)、営業利益49億4000万円(同32.4%増)、純利益34億7300万円(同39.9%増)と大幅増益となったことが好感された。新商品の発売や出産や育児に関連したイベントの開催などが奏功し、国内ベビー・ママ事業の売上高が伸長したことに加えて、生産拠点の稼働向上や販管費の効果的な使用が寄与した。また、中国や北米などを中心に海外販売が好調に推移したことも業績を押し上げた。なお、18年1月期通期業績予想は、売上高998億円(前期比5.5%増)、営業利益170億円(同6.1%増)、純利益118億円(同6.1%増)の従来予想を据え置いている。

 

■アドバンテスト <6857>  2,106円  +48 円 (+2.3%) 
 アドバンテスト<6857>は2000円近辺のもみ合いから早晩上放れが見込めそうだ。半導体テスターの世界トップメーカーで特にDRAMで抜群の実績を有する。受注絶好調ながら生産体制が追いつかない状況にあったが、今夏にはそれが解消され高水準の受注残を利益として本格的に反映される見通しとなっている。人工知能(AI)の普及やIoT時代の到来を背景に、そのインフラ面を支える世界的な半導体需要の拡大が半導体製造装置メーカーの商機を大きく膨らませている。後工程のテスターは前工程と比較して需要が後ずれする傾向があるが、その分だけ株価も出遅れており、18年3月期以降の業績急飛躍を織り込むのはこれからとなりそうだ。18年3月期は営業利益段階で前期比29.4%増の180億円を見込むが200億円台に上振れする可能性も指摘されている。大容量化・高速化の流れを受け、立体方向に積層化した3次元NAND型フラッシュメモリーの市場が急成長途上にあり、同分野向けテスターの需要も漸次立ち上がる方向にある。つれて同社の中期成長力も増幅される可能性が高まってきた。

 

■平田機工 <6258>  11,700円  +200 円 (+1.7%)  
 5日、平田機工 <6258> [JQ]が15日付で東証1部への市場変更が確定したと発表したことが買い材料。東証は5月29日、同社株を東証1部または2部に市場変更すると発表していたが、変更先の市場は確定していなかった。発表を受けて、TOPIX連動型ファンドの組み入れ需要を見越した先回り的な買いに加え、知名度の高まりや株式流動性の向上を期待する買いが向かった。

 

■オリエンタルランド <4661>  7,570円  +38 円 (+0.5%)  
 オリエンタルランド<4661>が5日続伸で新高値。岩井コスモ証券は5日、同社株の投資判断を「B」から「B+」へ引き上げた。目標株価は6500円から8500円に見直した。18年3月期は会社計画では営業減益を予想。「東京ディズニーシー15周年イベント」の集客効果がなくなることなどが響く見通しだ。ただ、「19年3月期以降は中期的な業績拡大局面を迎える可能性が高い」と指摘。来期は集客効果の大きい「東京ディズニーリゾート35周年イベント」の開催が予想されるほか、東京ディズニーシーでは19年度導入予定で大型アトラクション「ソアリン(仮称)」の開発を行っている点などに注目。消費者が「体験」にお金を使う「コト消費」の増加も追い風になるとみている。18年3月期の連結営業利益は前期比11%減の1001億7000万円の見通しだが、19年3月期は1150億円への増益を予想している。

 

■アイスタイル <3660>  912円  -98 円 (-9.7%)  
 5日、アイスタイル <3660> が海外募集による420万株の公募増資と、ヤフー <4689> ほか既存株主による420万株の海外株式売り出しを発表したことが売り材料。新株発行が最大で発行済み株式数の約6.9%におよぶ規模とあって、株式価値の希薄化や株式の需給悪化を懸念する売りが向かった。発行価格は909円で、最大で約36億円の調達資金については、借入金返済などに充てる。

 

■大光 <3160>  1,489円  +300 円 (+25.2%)
 5日、大光 <3160> が6月30日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施すると発表したことが買い材料。最低投資金額が現在の2分の1に低下することから、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いが向かった。

 

■リバーエレテック <6666>  475円  +80 円 (+20.3%)
 リバーエレテック<6666>がストップ高。同社は水晶振動子を主力とする電子部品メーカー。5日取引終了後、世界最小サイズの音叉型水晶振動子「TFX―05」を開発したことを発表、スマートフォンやウェアラブル端末、IoT関連機器への採用が期待されるなか、下期に量産対応を予定していることで、マーケットにポジティブサプライズを与えた。

■アプリックス <3727>  489円  +80 円 (+19.6%)
 アプリックス<3727>がストップ高。5日の取引終了後、米アマゾン・ドットコムが提供する音声認識機能「Alexa」対応家電向けにトータルIoTソリューションを発売したことが好感された。「Alexa」はクラウドベースの音声認識機能で、「Amazon Echo」などの音声アシスタント端末(Alexaデバイス)に話しかけると、その音声が「Alexa」に送られ、「Alexa」は認識した音声の内容に対応する処理を呼び出し、その処理結果をAlexaデバイスに返すという仕組み。今回、アプリックスが提供するソリューションは、家電と「Alexa」との連携に必要とされるAlexaスキルをはじめ、IoTモジュール、クラウドシステムなど。Alexaスキルや通信用のハードウエアなどの開発をアプリックスが担当することで、音声で操作できる家電のスピーディーな市場投入を支援するとしており、「Alexa」を利用する家電の需要が高まりつつあることから、話題を呼びそうだ。

■グッドコムアセット <3475>  1,155円  +93 円 (+8.8%) 
 グッドコムアセット <3475> [JQ] が5日に業績修正を発表。17年10月期上期(16年11月-17年4月)の連結経常利益を従来予想の3.3億円→4.3億円に27.4%上方修正したことが買い材料視された。。自社ブランド「GENOVIA」シリーズのマンション販売件数が想定以上に伸びたことが寄与。なお、通期の経常利益は従来予想の8.9億円(前期は8.6億円)を据え置いた。

■ザインエレクトロニクス <6769>  1,096円  +69 円 (+6.7%)  
 ザインエレクトロニクス <6769> [JQ]が大幅続伸。同社が5日、4K・8K映像向け次世代高速インターフェース規格「V-by-One US」向け伝送路開発について、東レ・デュポンが国際電子回路産業展「JPCA Show 2017」でその成果の一部を展示紹介すると発表。これを受け、V-by-One US技術の普及につながるとの見方から買いが先行している。東レ・デュポンは、フレキシブルフラットケーブル用絶縁フィルム「カプトン RR」へのV-by-One US 技術仕様に適用可能なフレキシブルフラットケーブルによる伝送路実現を目指し、同社と適用評価を行っている。JPCA Show 2017では、「カプトン RR」の紹介や伝送特性測定結果などの展示が予定されている。

■グリーンペプタイド <4594>  544円  +21 円 (+4.0%)  
 グリーンペプタイド<4594>が急伸。久留米大学がんワクチンセンターが5日、HLA-A24陽性のテモゾロミド治療抵抗性膠芽腫を対象にした、テーラーメイド型がんペプチドワクチンの第3相臨床試験の全生存期間に関する試験結果をASCO(米国臨床腫瘍学会)で発表したと明らかにしており、これを手掛かり材料視した買いが入った。同社は、がんペプチドワクチン研究の草分け的存在の久留米大学発のベンチャーとして設立。リード開発品のがんペプチドワクチンITK-1は、前立腺がんを対象として富士フイルムホールディングス<4901>傘下の富士フイルムへ導出済みで、13年6月から日本国内においてプラセボ対照第3相二重盲検比較試験が実施されている。

■カイオム <4583>  422円  +14 円 (+3.4%)  
 カイオム・バイオサイエンス<4583>が大幅続伸。5日の取引終了後、開発を進めているTROP-2抗体に関する特許について、中国における特許付与の決定通知を受け取ったと発表しており、これを好材料視した買いが入った。同特許は、ヒトTROP-2を標的としたヒト化モノクローナル抗体に関するもので、またLIV-2008に関連する特許。現在、欧州を含む各国に特許出願中であり、これまで日本・米国を含む4カ国で特許が成立している。同社では今回の特許付与決定を、パイプラインのLIV-2008/2008bの知財基盤を強化するものとしている。

 

 

AD