【湘南美容クリニック・米国医師国家試験(USMLE)講座】 | 湘南美容クリニック(SBC)×アメリカ、NewYork帰りの美容外科医、日本でも数少ない日米ダブル医師免許

湘南美容クリニック(SBC)×アメリカ、NewYork帰りの美容外科医、日本でも数少ない日米ダブル医師免許

美容クリニック数日本No.1のSBC
SBC内,眉下切開法の掲載症例写真数全国断トツNo.1/2位の4倍以上(-2018/9月)
アイバックリムーブ法執刀数全国No.1(2018/2-9月)
眉下切開法、美容の眼瞼下垂手術、アイバックリムーブ法専門医
目元の美容施術、全国からご指名承っております


テーマ:

USMLEとはUnited States Medical Licensing Examinationの略称であり、米国の医師国家試験です。

 

アメリカで医師として、臨床行為(薬の処方から手術など)をするために必要です。アメリカは州によって法律が異なるため、弁護士資格などは州別となります。しかし、医学は共通、医師国家試験は全州共通です。

 

USMLEは

・アメリカ合衆国内全州共通

・MCQ 方式+実技

・STEP1,STEP2(CK・CS),STEP3 の3段階

となります。

 

STEP2はClinical Knowledge(マルチプルチョイス)、Clinical skills(実技)の2段階あり、Step3は二日間のため、全部合わせると、5日間あります。

日本の国家試験は、現在2日間、全400問。

USMLEは、Step1⇒280問、Step2CK⇒320問、Step3は1日目約240問、二日目約180問+シミュレーションテスト13問と、大体ですが全部で1033問もあります。基礎医学から臨床医学まで全部学びます。Step2CSは1日かけて行う実技で、日本の医学部で行うオスキーのようにどんなにドジっても受かるゆるゆるの試験ではなく、外国人などは4人に1人が落ちます。日本もCBTなどができていて医学教育も欧米化していますが、アメリカの医学生はこれプラス医学部のテストや実習もあって、4年間しかないので大変ですね><

しかしながら、USMLEはどんなスコアで受かろうとなかなかの医学知識はつくわけです。

 

また、USMLEは世界でも最も強い医師国家試験で、いろいろな国で有効です。

ドバイを含むアラブ首長国連邦、ニュージーランド、カタール、イスラエルなどで、医師国家試験が免除されるようです。

 

 

 

湘南美容外科 江連良季/SBC Yoshiki Ezureさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス