エラが張っている人の85%が、こんなところも張っているんです! | 【ゆがみ専門小顔矯正サロン】エス・バランスの素敵な小顔のつくり方

【ゆがみ専門小顔矯正サロン】エス・バランスの素敵な小顔のつくり方

京都四条烏丸で【ゆがみ専門小顔矯正サロン】を運営する 
株式会社エス・バランスの代表 村田良太
のブログです


テーマ:

 

 

 

こんにちは、小顔矯正専門サロン  エス・バランスの村田良太です。

 

 

 

エラの張りをなんとかしたい!

エス・バランスでとても多いお悩みのひとつです。

 

 

エラが張っている方のほとんどが

エラ周りの筋肉・咬筋(こうきん)が硬~く張っています。

 

 

咬筋という筋肉は噛みしめる時に使う筋肉。

この咬筋が硬く張ってしまうと

徐々にエラの骨が外に広がっていきます汗

 

そして、少しずつエラが張り輪郭が四角くなっていく・・・

 

 

だから強く噛みしめる癖のある方はエラが張りやすいともいえるんです。

 

 

ところで、

思いっきり歯を食いしばった時には、

自分の体重に匹敵するくらいの力が奥歯にかかっているといわれています。

50kgの人なら最大で50kgの力で歯を食いしばっている、というわけです。

 

これって、すごい力ですよね!

 

 

ただ、普段の食事の際に奥歯にかかっている力は、

最大の噛みしめ力の半分から1/4であるとされていますから

そんなに大きな力ではないのです。

 

 

 

食事の時以上に強い力で歯を食いしばっているのは、寝ているときの歯ぎしり&噛みしめビックリマーク

無意識でかなり強い力がかかるので、自分の体重くらいの力がかかっている可能性が高いです。

 

 

その強い力を生み出している咀嚼筋(そしゃくきん)のひとつが咬筋。

強い歯ぎしりや噛みしめが続けばどんどん咬筋が発達して

ますますエラが張ってしまいます。

 

 

寝ている間に、無意識のうちに

咀嚼筋の筋トレをしているようなかんじ・・・ショック!

 

 

あまりにも鍛えすぎて

朝起きたときに顎がだるいという症状が出ている方もいらっしゃいます。

 

 

うーん、ほんと必要以上には発達してほしくないですよね~、咬筋には。

 

 

 

 

そして噛みしめる力を出す咀嚼筋には、もうひとつ大きな筋肉があります。

それは耳の上あたり、頭の横の部分にある側頭筋

 

 

 

 

実はエラ張りでお悩みの方の85%が、

側頭筋も硬く張っているのです!

 

 

 

エラの張りを改善してスッキリしたフェイスラインをつくるには

側頭筋を柔らかくしてあげることも絶対に必要。

 

 

この側頭筋を柔らかくする方法・・・

 

それは、次回のブログでご紹介します。

 

 

 

 

 

 

●小顔矯正・美容整体 エス・バランス四条烏丸
〒604-8123京都市中京区堺町通り四条上ル八百屋町555番地

澤栄ビル202
tel:075-212-4177
HP http://www.chiyuin.com

 

 

エス・バランス院長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス