体のバランスはこの骨で決まる!知ってました? | 【ゆがみ専門小顔矯正サロン】エス・バランスの素敵な小顔のつくり方

【ゆがみ専門小顔矯正サロン】エス・バランスの素敵な小顔のつくり方

京都四条烏丸で【ゆがみ専門小顔矯正サロン】を運営する 
株式会社エス・バランスの代表 村田良太
のブログです


テーマ:

 


 

 

こんにちは、小顔矯正専門サロン  エス・バランスの村田です。

 

 

その骨の名は『距骨(きょこつ)』

足首にある小さな骨で、足首から先の部分(足)足首から上の部分(脚)をつないでいます。

 

最近エル・ジャポン、クロワッサンなどの雑誌にも たびたび掲載され、

距骨の重要性が話題になっているんですよ。

 

 

 

ちょっとだけ専門的なお話になりますが・・・

 

足首から先(足)には数多くの骨があります。

両足に26個ずつ。

 

あ、豚足を食べたことのある人は分かるかもしれません

あの小さい骨がコロコロたくさん詰まった感じが

 

その26個の骨の中で、(足首から上)とジョイントしているのが距骨です。

 

 
体重はを通って距骨からに伝えられるわけです。
距骨はバランサーの役割をしていて体から伝わってきた体重が
かかる場所を左右前後に微妙に調節しています。
 
平地、坂道、デコボコ道、関係なく立っていられるのは距骨のおかげ。
 
もし距骨がなかったら、まったく体重移動が出来なくなります泣
 
 
 
 
 
 
ところで、なぜ今 距骨が女性雑誌でも大注目なんでしょう!?
 
 
先ほど書いたとおり、には沢山の骨(26個)が複雑に組み合わさっています。
 
 
体重のかけ方や歩き方、靴の影響で
その骨1つ1つがずれて
偏平足外反母趾むくみや冷えの原因にもなってしまいます。
 
 
26個の骨の中でと接しているのが距骨。
距骨がずれていると、脚から伝わってくる体重が
の変なところにかかり
26個の骨もずれて形が変形しますショック!
 
 
逆に、距骨が正しい位置にあるとが安定します。
そう、26個の1つ1つが理想の位置におさまります(豚足をイメージしてね!)
 
 
足が安定すれば全身のバランスも安定します。
骨盤の位置や姿勢改善にもGOODアップ
そして顔の状態にも左右します。
 
 
距骨が女性の多くのお悩みに密接にかかわっているから、注目されているんですね。
(もちろん距骨以外の骨も大切ですよ!)
 
 
 
 
そんな距骨の調整はエス・バランスでもやっています。
 
 
使っている手技は
BRM療法https://brm2016.com/バランス反射療法http://www.バランス.com/
で学んでいるものです。
 
この2つの調整法はタッチがとても似ている部分があり
併用することで効果が上がりますアップ
 
 
エス・バランスでは
骨を直接動かしたい時BRM
神経や筋肉に働きかけたい時バランス反射(あの自律神経に効かす施術です。)
と使い分けています。
 
 
手技をするときの足首の持ち方はどちらも似ていますが
動かし方や呼吸の使い方がまったく違い
ニーズに合わせて使い分けしています。
 
 
主に美容整体で使う距骨調整は
外反母趾や偏平足など、足のトラブル改善にも効果的ですよ!
 
一度お試しくださいニコニコ
 
 
 
 
 
さて・・・
 
なんか、豚足食べたくなってきたので
今日はこれで終了!です。
 
 
 

●小顔矯正・美容整体 エス・バランス四条烏丸
〒604-8123京都市中京区堺町通り四条上ル八百屋町555番地

澤栄ビル202

tel:075-212-4177
HP http://www.chiyuin.com

エス・バランス院長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス