妊活中のおやつに、チョコはどうなの? | 授かるレシピ -妊活専門栄養士による妊娠するためのレシピ-

授かるレシピ -妊活専門栄養士による妊娠するためのレシピ-

妊娠しやすいからだになる!
赤ちゃんを望むすべての人を応援する、妊娠するためのレシピ

妊活講座をしていると、「チョコレートをよく食べちゃうんです(そして食べたことを後悔)」「チョコが好きなんですけど、食べちゃだめですよね?」などと聞かれたりします。
(写真ACより)
でも、チョコは豆(カカオ豆)から作られています。
なので食物繊維が多いのです。
食物繊維が豊富なごぼうと比べると、ごぼうの7割ほどの食物繊維をもっているので、なかなかの優れた量です。
 
そして、鉄や亜鉛などの妊活ミネラルも含まれるので、チョコレートは良い食材だと思っています。
 
ただし、私は、チョコレートを食べるならカカオ70%以上の「高カカオ」チョコを食べましょうと言っています。
理由としてはまず、高カカオは普通のミルクチョコに比べ、砂糖の使用割合が少ないということ。
また、高カカオの方が、アンチエイジングの作用をするポリフェノールの量も多くなります。
たとえば、赤ワインと高カカオチョコを比べると、なんと高カカオチョコの方が4倍以上も多く含まれます。
 
というわけで、チョコレートをおやつにするなら、高カカオチョコレートがいいですよニコニコ
 
【妊活&妊娠中の食生活講座】
かるごはん講座(妊活基本編)の詳細はこちら →8月分お申込み受付中です。
マタニティごはん講座(妊娠中の基本の食事編)の詳細はこちら

マタニティごはん講座(妊娠中の貧血・便秘・むくみ予防編)の詳細はこちら

----------------------

ご夫婦ふたりで読んでもらうために作りました。

リプロダクションクリニック松林先生との共監修です。

生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術」(講談社)

----------------------

【発売中!妊活スタートブック(主婦の友社)で葉酸ページの監修をしました】