前回の181話でスタッフを増やし社員教育に力を入れてる話をしましたが。

皆、辞めてしまいました。

 

決してブラック会社みたいなことはしてません(笑)

 

体調不良てドクターストップになったり家の事情で仕事に出れなくなったりと、やむを得ない事情になった人が同時に重なった為で全て円満退職です。

 

スタッフが増えて徐々に仕事も増え出し計算通りになってきたと思った矢先に出鼻をくじかれた感じです。

 

ここで慌ててスタッフを募集しても、仕事を教える間もなく余計に忙しいばかりになりそうなので冷静に考えてみました。

 

残ってくれているスタッフに仕事を増やしたらプライベートの時間を奪ってしまうし、扶養控除から外されたりと迷惑もかけれないのでまずは手の足りない分を私が長時間働いて日曜日も仕事をし家内にも手伝って貰ってしのいでます。

 

雇われてこれだけ働けば堪ったものでないです。

でも自分で興した会社であっても体が結構つらく悲鳴をあげてます。

 

こんな環境でしてるとどうやったらもっと早く出来るか?どうやったらもう少し楽に出来るか?と考えるようになります。

普段でも仕事をするには考えなくてはいけないし、考えてはいるのですが考える本気度が違いますね。

 

スタッフが何人も居る時、少しくらい効率の悪いところもほったらかしにしていた事がたくさん見えてきました。

 

とにかく遅いパソコンは買い替えて、断捨離しまくって作業がスムーズに運べるように配置換えして、トラブルの多い複合機は入れ替えて徹底的に仕事の効率化に励んでます。

 

これでもまだまだ仕事が回りません。

次にとった手段が手間の掛かりすぎる割にほとんど儲けの出ない仕事をお断りしました。

 

この件に関してはちょっと考えてしまいました。

こういったことをやって来ているからお客さんも増えてリピートも増え、当店の良いところなのにいいのかなぁ?と・・・

 

でもよく考えてみると、これをきっかけに良い仕事に繋がった例もありますが、手間ばかり掛かってほとんど儲けの出ない仕事は同じお客さんばかりに今頃気付きました。

 

今までちょっと忙しいくらいでは残業してもらったりしてましたが、ここまで忙しくなると本腰を入れた改革をする気になります。

自分で事業をしていたら当たり前のことですし、分かっていることでもあるのですが、中々行動に移せなかった自分に腹立たしいです。

 

スタッフがやむ負えず辞めてしまったことでガッカリせず、感謝の気持ちが大きいです。

 

こういった出来事で火が付いたのもタイミングが良かったと喜んでます。

 

別のタイミングでこのような出来事が起きていたら、同じ行動を取れずに嘆いていたかも知れません。

 

次回をお楽しみに。

 

人気ブログランキングへ