ライオンコーヒー工場をパワースポットと呼びたい訳 | ハワイ暮らし 夢をあきらめないで

ハワイ暮らし 夢をあきらめないで

英語力のない私が、日本語力のないアメリカ人と国際結婚をして8年目! 
憧れだったハワイで楽しく暮らしています♪

最近、とてもショックなことがあったショボーン

 

一人ではずっと落ち込んでいたかも知れなかったのが、ちょうど日本から友達がハワイに来て、

ほぼ毎日、一緒に行動をしてくれたおかげで、元気をキープ出来ていた。

 

私はこの日、用事があって、最初は一人でバスに乗って行くはずだったのが、

友達が付いて来てくれると言うので、二人でバスに乗って行く予定に変更になった。

それが、その日、急に主人が休みになったので、最終的に車で連れて行ってもらうことになったのだが・・・

 

話し好きな主人が、運転をしながら話に夢中になるから、道を間違えて遠回りになるという結果に。

 

こんなことなら、バスで行った方が、早かったやん!!


と、ツッコミを入れたかったが、主人の話に、友達と車内でお腹を抱えて笑っていたので、

それはそれで面白かったので、結果良しにしています。

 

長~い時間掛かって用事を済ませたあと、こちらに行きましたよ。

 

 

 

 

 

ライオンコーヒー工場

 

近くを歩いているだけで、コーヒーのいい香り~コーヒー

 

工場に隣接されているカフェは、こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

主人は、ここまで来て、何故ゆえに抹茶ラテ!?

 

 

 

ライオンコーヒーの歴史について、少し学んだところ、

1900年頃に世界で第2位のコーヒー会社だったライオンコーヒーが、

1929年に、社員がスパイ活動をしたことで、会社を続けることが出来なくなったと知りました。

 

 

それから50年後、現在のオーナーに息を吹きかけられ、復活したのです。

 

オーナーのエピソードがまた興味深く、

その昔、ライオンコーヒーのマークを送ると、景品がもらえるサービスがあったそうで、

ある時、自分が書いたハガキを見つけた時に、

「このコーヒー会社は、今はどうなってるんだろう?」

と、疑問に思い、ライオンコーヒーの創業地に行ったそうです。

 

そこで、まだ残っていた会社の権利を買い取ったんですって。

 

オーナーの夢は、

「将来、コーヒー会社を持つこと」

 

一枚のハガキから、自らの足を運ばせ、そこで、夢への実現の切符を手にされたんですね。

 

夢を実現するには、行動が必要です。

 

息を吹きかけられたライオンコーヒーは、、

2014年から4年連続で、ベスト・コーヒー賞を受賞しています。

 

 

 

 

ディスカバリー号の写真と、宇宙飛行士のエリソン鬼塚さんの写真が飾られていました。

〝ハワイ島出身の鬼塚さんは、宇宙に、ロイヤル コナコーヒーを持参された〟

と言う内容が書かれています。

 

ライオンコーヒーの歴史からも、パワーをもらいましたが、

この写真を観ていると、

(宇宙から比べたら、今の私のショックな出来事なんか、ちっちゃなことなんだろな。)

そう思うと、気持ちがちょっと前向きになり、また頑張ろう!

と、写真から励ましをもらいました。アップ

 

みなさんも、是非、この写真を観に行ってみてください。


いや~、ライオンコーヒーの工場は、ある意味、

元気をもらうパワースポットではないだろうか?

 

また、機会があれば、工場見学にも行ってみたいと思いました。

 

 

 

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございましたニコニコ

 

また観てね!

 

フォローしてね!