ハワイ ビショップミュージアムの日本語ツアー | ハワイ暮らし 夢をあきらめないで

ハワイ暮らし 夢をあきらめないで

英語力のない私が、日本語力のないアメリカ人と国際結婚をして8年目! 
憧れだったハワイで楽しく暮らしています♪


テーマ:

〝ハワイの歴史をもっともっと知りたい〟

なんて、心で思っていたら・・・

 

ワシントンプレイスで出会った、日本語ガイドツアーの方に勧められて、

遂に!

ずっと訪れたかった、ビショップミュージアムに行くことが出来ました。

 

ワクワクしながら、中に入ります。ルンルン

 

 

 

ビショップミュージアムは、ハワイ州最大の博物館です。

 

ハワイの歴史が、ぎっしりと詰まっています。

 

まず館内に入ると、おみやげのお店がありました。

ここは見てるだけでも、とても楽しいです。

 

 

 

おみやげを見ていたら、あっという間に、ツアーの時間になりました。

日本語ツアーで、ガイドをしてもらいます。ルンルン

 

 

 

この階段の下で、開始時間の5分前に集合すれば、

日本語ガイドツアーが受けられます。

(追加料金はありません)

 

ワクワクですルンルン

 

 

 

 

まず最初に、カヒリルームに入って、ハワイ王国の歴史を教えて下さいました。

ガイドさんのお話が上手なので、おもしろく聴けます。

 

カメハメハ大王には、20人もの奥さんがいたと言う話で、まずびっくりです。びっくり

ハワイ王国では、一夫多妻制だったし、

ハワイのそれぞれの島を統一した、強い王様だものね。

 

それから、カメハメハ大王のひ孫として生まれた、

バーニス王女の話も、興味が深かったです。

 

カメハメハ5世から、プロポ-ズをされたけど断り、

その後、「王様の地位を継いでくれないか」と使命されるも、また断られ、

のちに、このビショップミュージアムの設立者でもある、

アメリカ人のチャールズ・リード・ビショップと、ご結婚をされたというお話。

 

バーニス王女が、カメハメハのお話を「イエス」と言っていたなら、

ハワイの歴史が変わっていたものね。

 

 

10歳も離れた歳の差婚

 

ビショップ氏は、ファースト・ハワイアン・バンクの創立者で、

外務大臣などの政治家としても活躍された、資産家でもありました。

妻のバーニス・パウアヒ王女は、52歳の若さで亡くなりましたが、

その追悼のために、この、ビショップミュージアムを設立されたと云われています。

 

パウアヒ王女の像が、ロイヤルハワイアンセンターのステージ近くにあるので、

知らない間に、目にしている人も多いと思います。

 

オーディオツアーでは、あまり頭に入らないものだけど、

日本語ガイドツアーは、良く頭に入ってくるもんです。

30分程、ガイドをしてもらって、あとは自由に観て回ります。

 

 

 

ひとつひとつ、じっくりと見て行くと、一日では足りない程のハワイ美術工芸品があります。

また、プラネタリウムもありました。

 

時には、結婚式やパーティ会場になったりもするそうです。

 

いや~、もう一度行きたいです。

 

ハワイの歴史に興味のある方、

ビショップミュージアムに行かれるなら、

日本語ツアーがお勧めです。

 

 

 

バーニス・パウアヒ ビショップミュージアム

朝9時から夕方5時まで

休館日 感謝祭とクリスマス

 

2019年、4月から、

HISのレアレアトロリーで、ビショップミュージアムまで行けるようになりました。

また、ワイキキトロリーのパープルラインでも行くことが出来ます。

 

私は、2番バスに乗って、ワンデーパスで行きました。往復(5ドル50セント)

バスで行く場合は、停留所からの道案内はこちらです。

  ダウン 

(私のブログです)

 

ハワイのブログランキングに参加しています。

応援してねニコニコ

  ダウン

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

さゆさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ