キングスビレッジから移転した踊子のランチに行って来た。 | 夢をあきらめないで

夢をあきらめないで

英語力のない私が、日本語力のないアメリカ人と国際結婚をして8年目! 
憧れだったハワイで楽しく暮らしています♪


テーマ:

主人の誕生日のお祝いに、義母の誘いで、

居酒屋風日本料理店に行くことにした。

 

写真を観ると日本日本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

踊子は、アラモアナセンターの山側、カピオラニブルバードに、

あのキングスビレッジから、移転されました。

 

アラモアナホテルとドンキホーテの近く(駐車場は3台あり)

 

店内に入ると。。。

 

とってもおしゃれなバーがありましたよ。トロピカルカクテル

 

 

 

 

 

 

昨年の10月に新装オープンしたばかりなので、綺麗キラキラ

 

また、空間が広いのでゆったりしています。

 

 

 

 

 

おしゃれでしょ。

 

奥には、大人数でプライベートな時間を過ごせるソファー席もありますよ。

 

 

 

 

 

隣りとの座席の間には、こんなパーテーションがあるのでナイスですグッ

 

 

 

 

 

オバマ元大統領も!

 

 

 

踊子のオーナーの歴史は、

1972年にイリカイホテルの中に〝舞妓〟をオープンし、

その成功により、キングスビレッジで長年、営業をされていました。

 

今年、キングスビレッジが取り壊しされることにより、この場所に移転されましたが、

多くの長年のシェフがおられるので、今も尚、人気が続いています。

 

私達は、ランチメニュー(15ドル50セント)から選んだ。

 

私が選んだのは、和風ステーキステーキ

これが炭火で焼かれたような味のお肉に、ちょうどの甘さのタレがかかったお野菜もあって、

大満足の味だった。

 

居酒屋でもあるので、メニューが豊富。

 

 

 

 

営業時間:年中無休

ランチ  11時am~2時半pm

ハッピーアワー 4時半pm~6時pm

ディナー4時半pm~24時(ミッドナイド)

レイト・ハッピーアワー 9時pm~ミッドナイト(ラストオーダー11時半pmまで)
 

 

80歳の義母は、はるばるノースショアから車を運転して、タウンまで来てくれた。

 

主人の誕生日が1月と言うのもあって、

義母は、主人にレストランの費用を渡しただけではなくて、お年玉も渡していた。

 

それが、平等に私にもくれた。バンザイ

 

まだ仕事が見つかっていない私にとっての臨時収入¥

気持ちは、飛び上るほど嬉しかった。

でもさ、義母の年齢なら、本来は私達があげるものじゃない?

誰が決めたか、知らんけど。

 

ちょっと複雑な気持ちも持ちながら、ありがたく受け取った。

 

スープが、すっかり冷める距離にいるのがストレスがなくて、

たまにこうやって会えることがいいもんだ。ニコニコ

 

にしても、このお年玉袋・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚の時に使う祝儀袋ちゃうの?

 

何でもいいけど(笑)

 

 


ハワイ州ランキング 

 

夢をあきらめないで

さゆさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス