ハワイ育ちの主人の過去 | 夢をあきらめないで

夢をあきらめないで

まさかの国際結婚で、憧れだったハワイに移住
いざ暮らしてみると、観光と住むのとでは大違い!
そんなハワイ暮らしの日々を書いています。


テーマ:

黄色い消防車

 

ハワイ育ちの主人と結婚して、もうすぐ7年になるが、

今日、初めて主人の過去を聞いてびっくり!びっくり

 

私が、ビキバイク(ハワイのシェア自転車)を運転していて、

バイクレーンの道から車道に入ろうとした時に、

一台の車が私の横スレスレで走行して行ったので、

それはそれは怖かったという話をしていた。

 

その話を聞いた主人が、

 

外人「そうだよ。」

 

と、何かを思い出したようで、ゆっくりとした日本語で話し始めた。

 

外人「僕が、自転車でノースショアからワイケレショッピングセンターに行く時、

僕の横を走ってたトラックは、何度も僕に、近い来ます。わざと僕の横に来てました。

意地悪な人、います。その車がゆっくりと、僕の横に近づいてくるから、

危険だなぁ。。。って思ってたら・・・突然、

 

『バン!!』

 

と、ものすごい音がなった。

僕はピストルで撃たれかと思って、僕の目も、ドライバーの目もびっくりになってた。ポーン

そしたら、そのあと、僕は倒れました。」

 

私「えーーー!!!ゲッソリ

 

外人「大きい音は、その車が僕の自転車に当たった音だった。それで、僕はこけた。」

 

私「ほんで、そのトラックはどうしたん?」

 

外人「赤信号で止まった。でも、そのあと赤信号ですぐに逃げた。」

 

私「えーー!!信じられへん!ほんでどうしたん?!」

 

外人「僕は、立って、自転車のハンドルを持とうとした。そしたら、右の手が、

 

痛ーーってなって、折れてました。」

 

私「嘘やん!!ガーン

 

外人「そして、救急車が来ました。救急車の中でラップのトリートメント(治療)して、

そのあと、僕はどうしよな・・・?

僕の母は夜に車の運転出来ません。お兄ちゃんもその時免許ない、誰も迎えに来れない。

しょうがない、僕は、片手で自転車を運転してノースまで帰りました。」

 

私 「えーーー!!!」

 

外人「昔の話ね。もう、終わりました。今は、大丈夫ニコ

 

 

私の相槌がバカ過ぎですが(笑)

 

これ、結構、ハワイで聞く話なんですよ。

 

車の強制保険に加入していない人もいるので、当て逃げもあるんです。

 

怖いですね。滝汗 怖いですね。滝汗

 

みなさん、ハワイに旅行の際には、必ず旅行保険に加入して来てくださいね。

 

 

←ハワイのブログランキングに参加しています。
ハワイ州ランキング 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

さゆさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス