体の不調で病院へ | 夢をあきらめないで

夢をあきらめないで

まさかの国際結婚で、憧れだったハワイに移住
いざ暮らしてみると、観光と住むのとでは大違い!
そんなハワイ暮らしの日々を書いています。


テーマ:

3日前からめまいが起こり歩行困難になっている。

始めはストレスからだと思っていたが、首の凝りがひどくなったので、ハリーケンに伴う気圧の変化で自律神経のバランスを崩したせいもあるのかなと自己診断をしていた。

 

病院に行こうにも歩行困難なので、行くに行けなかったのだけど、今日は、主人の仕事が休みだったので、車で病院に連れて行ってもらった。

 

 

 

 

病院に着くと、受付をして、すぐに名前を呼んでもらい、血圧や検温、身長、体重測定後に、診察室に通してもらった。

日本語の通訳の人はいないが、コンピューターによる通訳が出来るということで、

コンピューターの通訳ってどんなん?

と疑問に思っていたのが、何とスカイプによる日本語の通訳だった。

 

それが、受信が悪くて、すぐに途中で途切れてしまい、2度も最初の内に中断してしまった。

結局、スカイプでの問診は途中終了し、その後に女性の医師が、とっても明るく挨拶をしながら診察室に入って来て、自分の名前を言ったあと、

 

「よろしくね!あなたは、日本語なのね。私もなるべくあなたに解るように頑張るわ」

 

と、解りやすい英語で問診をしてくれたので、カタコトの英語で応えることが出来た。

めまい(Dizzy)と言う単語も、歩行困難(I have difficulty walking)という英語も知らなかったが、ここのところはジェスチャーで何とか伝わった。

 

「この症状は初めてなの?」

と、聞かれたので、

「若い頃、交通事故の直後に、度々ありました。」

と、応えると、大きく頷いて診断を下された。

 

めまいは首の凝りが原因とのこと。

 

この症状は、MRI等でいくら検査をしても、異常が数値や画像で出てこない。

それでも、交通事故でムチウチ症の人であっても、そうでない人でも、首や肩凝りからめまいが発症する人がいるそうだ。それは頭を動かしたときに症状が出る。

 

私が首を動かさずに、ロボットのような動きをしていると、医師が、

「わかるわ。もし、首を横に動かして頭の位置を変えると、めまいがする、そうなるからでしょ(笑)」

と、仰ったので、

Right. Right! その通り、その通り(笑)」

と、タメ口の単語で返事をしていた。

 

首の凝りが起こると、首の筋肉に包まれている自律神経が乱れて、交感神経が優位になる。

副交感神経がうまく働かなくなることで、まず初めに起こるのが、めまいで、首の凝りを放っておくと、体のあちこちに不調が起こる自律神経失調症になるのである。

 

 ※めまいの症状は、脳梗塞も隠れていることがあるので、必ず診断が必要です。

 

この病院は、無駄な検査をしないし、金銭的に余裕のない人にも良心的な病院だと主人が教えてくれた。

首と肩の凝りが強いので、筋肉を柔らかくする薬を処方され、

診察代に12ドル、薬代に16ドル

ドクターノート(診断書)を書いてもらって、合計が日本円で3千円ぐらいだった。

 

「日本語の話せるドクターがいるから、あなたのドクターに選ぶといいわ。」

と言われたが、その先生の診察となると、予約して診察という流れしかないな。

 

日本語の通じない病院に独りで行くのは不安だけど、主人がいてくれて大助かりだった。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ←ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村

さゆさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス