ハワイで中古の自転車を買うことは | ハワイ暮らし 夢をあきらめないで

ハワイ暮らし 夢をあきらめないで

英語力のない私が、日本語力のないアメリカ人と国際結婚をして8年目! 
憧れだったハワイで楽しく暮らしています♪

自転車の盗難が多いハワイで、新品のピッカピッカの自転車に乗るのが好きではないので、あえて、中古の自転車をネットの個人売買で購入した。

 

、さぁ、名義の変更をしようと、主人が、手続きに行ってくれたのはいいけれど・・・

「この登録番号と、譲渡証明書の名前が違う」と、言われ、

私達は再度、西オアフに向かって、売主の奥さんに名前を書き直してもらいに行った。

 

三枚に渡る、用紙に記入してもらい、

今度こそ、手違いはないだろうと、手続きの場所に行ってみたが・・・

 

 

 

 

 

 

閉まってた!

夕方の4時に閉館って早くないですか?!

 

10分遅しでした。

 

 

 

後日、再び出向いて、

「さぁ、今度こそ!」と窓口で必要書類を提出したら・・・

「この登録番号で、この氏名は登録されてないわ。」

と言われ、なんで~~?!と私の頭の中は不思議だった。

 

主人に、外人「ハワイは、こゆこと、あるよ。」

と、言われ、どゆことやねん!と、思ったけど、

 

ま、どうにかこうにか、手続き完了して、登録ステッカーを受け取った。

登録者が一致していれば$5で済んだところを、結局$15支払った。

 

売主が、この自転車の購入日を書く欄で、数字を書いた時、

注意して見ていた私は、「ん?」ってなって、「えっ?!」と、二度見した。

売主は、「いつだったかな・・・?」と言いながら、 2010年って書いたから。

 

今が2016年でしょ。

このサビサビが6年前って、絶対違うよね?

 

 

「パフっ!ホークス応援メガホン」は、最近取りつけた。

 

購入時の登録ステッカーが、誰の手違いで、登録者と一致しないかの理由は追及しないけど、自転車の個人売買、気を付けないと、こんな面倒なことになります。

 

ひとまず、これで私は自転車を警察に持って行かれる心配はなくなったと、安心になりました。

 

 

そして、これ!

 

パールシティにある、日本のお店で購入

 

自転車を運転するのに、いくら日焼けが怖いからって、

「このかぶりもんだけは絶対に出来ひんわ。」とコメントしたあくる日・・・

知らん間に主人が買っていた!

 

そ、そ、そうなんや~えー?

 

 


にほんブログ村
ハワイ州(海外生活・情報) ブログランキングへ