台風災害支援 鋸南 0321 | 後世の世の為、後世の人の為

日曜日も引続き鋸南復興アクセラレーション援軍

 

 

 

まずは竜島にて足場を組み各現場に移動し活動開始

前日荷物を移動した勝山の障碍者宅へ

 

ボイラー室倉庫補修

屋根職人石川プロにより補修というより
リフォームに近い仕上がりに
次週に完成予定。

 

 

途中離脱して足場を組んだ竜島へ移動。
土嚢破れや、ブルーシートがたなびいていた

屋根専門のチームが来るのは現在厳しいため、
可能な範囲での対応。

足場は組んだが、風が強くなり、屋根上へは上がらず下屋からの作業

バタバタしていたシートの弛みを直し、
落ちてきていた土嚢を入れ替え

下屋のシートは木材で抑え、残っていた瓦を落ちたら危険な為、全ておろし土嚢と交換

作業中バタバタと鳴っていたシートは、静かに収まり、お母さんはニコニコ安心してました

 

 

 

そして、震災後の福島のこどもたちの保養キャンプ『福島⇔熊本 0円キャンプスクール』の事務局長 いちこじことが4時間だけ手伝いに来てくれた!!

 

4時間しか居れないけど出来る事ないかもと申し訳なさそうに。。。

 

とんでもない、4時間だけでもその行動力がありがたい!!
 

現地のいまを見てくれるだけで
それを発信してくれるだけでも
4時間のためだけに東京より交通費をかけて来てくれた!
4時間だけでも出来ることはあり、また来たいと言ってくれた!

 

本当に来てくれるだけでありがたい!!
お時間ある方は是非!!