だいこん村にて自然エネルギー体験 | 後世の世の為、後世の人の為

NPO法人fu~fu~隊の活動に共感し福島に行ってきました!

県内エネルギー需要の100%を再生可能エネルギーで生み出
すことを目標に掲げた福島県。


まずは、ステキな未来の為に子供たちに自然エネルギーの工作、情操教育など自然エネルギーを体験してもらいました。

 



そして絵本の読み聞かせでは、福島県いわき市に住む、高木徹さんを招いて、東日本大震災の出来事を子ども達に伝えるなど、福島で起こった、震災の事実を子ども達に伝える活動も行い、震災時に、生まれていない子ども達にも、このように、絵本などで伝えていくことの重要性を感じました。


今回は福島市在住のお子さん達に参加をしてもらい、水車による水力発電、太陽光発電、お水は地下水での実際に自然エネルギーの活用をしている、福島県にあるだいこん村で学ぶことができ、自然に触れ合いなが
ら、自由に遊ぶ、盛沢山な二日間となりました。

 



『未来は、子ども達のためにある!』
引続きNPO法人fu~fu~隊を応援していきます。