高梁・佐与谷産廃反対会議 活動報告ブログ

高梁・佐与谷産廃反対会議 活動報告ブログ

高梁川の源流・佐与谷川の安定型産業廃棄物最終処分場に反対する共闘会議の活動をご紹介します。

岡山県に産業廃棄物最終処分場の許可を取消すよう求めた裁判の判決が9月16日に出されました。判決は、本件処分場は安定型最終処分場であり本来的に有害物質を扱う施設でないこと、本件処分場と申立人らの居住地とは約2~5.5㎞も離れており、簡易水道の取水井とも5㎞も離れていること、本件処分場からの浸透水は、河川流入後すぐに130倍(低水量時でも35倍)に希釈され、取水井に至る相当前の段階で824倍(低水量時でも325倍)に希釈されることなどが認められることに照らせば、「重大な損害を避けるため緊急の必要がある」とは言えない。という内容で原告敗訴となりました。

判決後には岡山市内で記者会見を行い、裁判所の判決は不当であり控訴することを表明し、10月11日には、地元の市民センターで弁護団より判決内容の説明と質疑を行いました。

弁護団からは「私たちに負けはない」「なぜならば勝つまで闘うからだ」と力強い言葉もあり参加した住民から大きな拍手がありました。

私たちは、これからも広報活動や調査活動、処分場の監視など続けて行きますので引き続きのご支援やご協力をお願いいたします。


2015年(平成27年)9月17日に原告7名で岡山県を相手に産業廃棄物最終処分場の許可取消を求めた第1審の判決が明日16日午後1時10分から岡山地方裁判所で言い渡されます。

明日はマイクロバスで岡山地裁に行き、裁判所前を行進して入廷する予定で、判決が出された後は岡山市勤労福祉センターへ移動し午後1時40分から報告集会を行う予定です。提訴から5年余りが経過し、処分場が操業して4年余りが経過して現地では大量の廃棄物が埋め立てられ、私たち住民の不安も高まっています。

裁判所には私たちが平和で安心して暮らせるような判断を期待して原告席に座ります。

(事務局 宮田)


岡山北エバーグリーンの最終処分場の操業を止めるように求めた裁判は、9月2日に人証尋問が行われ、原告2名と相手会社1名が受けることになっています。原告弁護団は当日に向けての2回の打ち合わせ会議を行いました。コロナ感染症が収束しないなかでの取り組みで難しいところもありますが、証言に立つ原告2名も準備を進めているところです。

なお、9月2日は13:30から岡山地方裁判所で行われる予定ですが、いつもの様に傍聴者の人数に制限がかけられると思います。

リモートでの弁護団会議


6月17日(水)14:00から岡山北エバーグリーン(株)が操業している安定型最終処分場の操業差止を求めた裁判の第10回の弁論が行われました。原告からは7名の意見陳述書を被告からは水質や展開検査、地下水の流れについての反論がありました。そして次回期日に原告の相山・宮田と、被告1名の人証尋問が行われる事が決まりました。私たちは今回もマイクロバスと自家用車で23名で岡山地裁に行きました。(コロナ感染症対策のため傍聴は17名に制限され入り口で整理券が配布されました)次回期日は9月2日(水)13:40となりました。引き続きよろしくお願いいたします。(事務局:宮田)※写真は裁判所近くの公園で弁論内容を説明する弁護団とそれを聞いている参加者です。


6月17日に行われる操業差止訴訟に向けた弁護団会議が6月2日18:00から岡山市で行われ、会から2名が参加しました。会議の内容は17日に提出される原告の陳述書の内容についてで、原告団数名の方に書いてもらった内容について話し合いがありました。弁護団会議も密を防ぐため、前回からオンラインで行われています。

6月17日の裁判は予定どおり14時から岡山地方裁判所で行われ、今回も傍聴人数を絞っての開廷となります。会ではマイクロバスで参加すべく呼びかけを行っているところです。よろしくお願いいたします。


暑くなると雑草との闘いが始まります。今年1回目の草刈は5月21日の9時から有志で行い看板も見えやすくなりました。また付近のゴミも拾いました。佐与谷川では、これから蛍が出て来る季節となりました。子や孫の世代にも美しい蛍の舞が見られるよう頑張ります!


岡山北エバーグリーンに対し操業を止めるように求めた訴訟の第10回弁論が6月17日(水)14時から岡山地方裁判所で行われます。コロナ感染症予防のため傍聴者を絞っての開廷となると思われますが、私たちは今回もマイクロバスで参加します。傍聴を希望される方は、お問い合わせください。引き続きのご支援もよろしくお願いします。

(事務局 宮田)


三原・竹原市民による産廃を考える会・産廃からいのちと暮らしを守る会さんのホームページが公開されました。問題の安定型産廃処分場は、広島県三原市本郷町南方に計画され、埋立面積 9万7,499㎡、埋立容量 112万6,000㎥ と佐与谷処分場の2倍以上の規模となっていて、県の審査は終盤となり来月にも許可が出されそうとの事です。

処分場下流の三原市や竹原市の住民は、命の水を守るために立ち上がって反対運動を進めていますので、私たちも情報交換しながら共闘を強めたいと考ええます。

HPはこちら https://mihara-sanpai.com/

(事務局:宮田)




3月25日14:00から許可取消訴訟第17回弁論が行われました。新型コロナウイルス対策で当初18日だった期日が変更され、100号法廷という岡山地裁でも大きい場所で行われました。傍聴者も座る間隔を空けるという事で、事前に35名分の整理券が配られました。私たちは今回もマイクロバスと乗用車に分乗して参加しました。今回は結審ということもあり弁護団から清水弁護士、会からは宮田事務局次長が最終の意見陳述を行いました。なお、判決は9月16日13時10分からとありました。

今後は、操業差止訴訟(6月17日 14:00)と合わせて署名活動に取り組むことにしました。引き続きのご支援をよろしくお願いします。



岡山県に産業廃棄物最終処分場設置の許可を取消すよう求めている裁判の最終弁論が3月18日に予定されていましたが、傍聴者の多い裁判は新型コロナウイルス感染症予防の観点から出来るだけ広い法廷を使用するとの事で、3月25日の16時から100号法廷で行われます。

当日は原告から1名と弁護団から1名が最終陳述を行うこととなっていますのでよろしくお願いします。

※お問い合わせは、このHPの「メールはこちらから」でお受けできます。