高梁・佐与谷産廃反対会議 活動報告ブログ

高梁・佐与谷産廃反対会議 活動報告ブログ

高梁川の源流・佐与谷川の安定型産業廃棄物最終処分場に反対する共闘会議の活動をご紹介します。


テーマ:

今年のごみ弁連(たたかう住民とともにゴミ問題の解決をめざす弁護士連絡会)総会は7月22日~23日福島県いわき市新舞子ハイツで開催されました。今年度は福島で開催された事もあり放射能汚染廃棄物の問題が多く提起されました。また各地からの報告では、茨木県、長野県、徳島県、岡山県などの団体から取組報告がありました。

また23日午後と24日は福島の皆さんにお世話になり県内各地の施設見学があり、各地の焼却施設、最終処分場、いわき市のごみ焼却施設、JAEAの技術開発センター、そして帰還困難区域の状況などに行きました。

特に帰還困難区域との境がある夜の森公園(富岡町)の桜並木通りで車を降り周りを見渡すとフェンスで囲まれた中の真新しいアパートの駐車場には草が生い茂り建物には亀裂が入ったまま手つかずで残されていました。また富岡駅の周辺は広場が広がり、その一角には仮設焼却炉が稼働していましたが、津波で被災した家屋や商店がつい最近まであったと聞かされました。

こうした現状を見聞きして私たちに何ができるかを考えさせられる福島での総会でした。




テーマ:

岡山市北区御津に計画された安定型最終処分場と管理型最終処分場に反対し裁判で闘っている御津産廃阻止同盟さんから総会の案内があり、私たちのとりくみについて報告させていただきました。御津産廃阻止同盟さんとの交流は長く、佐与谷産廃反対の運動を起こしたときにお話を聞かせて戴き参考にさせて戴きました。

総会では、安定型・管理型の2つの処分場阻止のため4つの裁判を提訴し闘っている。安定型は県の許可を受けずに砂防指定地に建設している。管理型については最高裁で許可が取り消される見込みになって、市が許可を取り消したうえで業者に一部修正させ再度許可した。

このようなことはとうてい認める事は出来ない。命の水を守るために闘おうとの決意表明がありました。

そして、それぞれの弁護団から問題点と裁判経過について説明があり、大塚県議、鬼木市議からも激励と連帯の挨拶がありました




テーマ:

6月24日(日)午前10時から今年度の総会と学習会を津川市民センターで開催しました。この時期は諸行事が行われるので参加者が心配でしたので、役員が手分けして総会・学習会の案内チラシの全戸配布、21日~23日には宣伝カーで町内を回り呼びかけを行いました。

弁護団の先生にもご無理を言って、河田弁護士、大本弁護士、寺山弁護士、清水弁護士、小野弁護士に参加していただくことになりました。

さて当日は約60名の参加があり昨年1年間の活動報告と会計報告、今年度の計画と予算を決定しました。特に昨年は裁判や各種調査、宣伝活動や役員会などで111回の行動があり延べ619名の方々のご協力をいただきました。

学習会では大本弁護士から「裁判の争点と今後の闘い方について」写真や動画を使ってわかりやすい説明があり、会から現時点における埋め立てられた廃棄物の量と種別割合、過去2年間の水質調査の結果など報告しました。

弁護団からは長い闘いになるが住民の皆さん頑張ってください。弁護団も住民と一緒に頑張ると励ましの言葉を戴き住民が出来ることは何でもやるという決意を固めました。

引き続きのご支援・ご協力をお願いいたします。




テーマ:
昨年度の取り組みの報告と新年度の活動計画の確認、裁判闘争の状況と今後の課題、処分場の監視報告などを行うため下記により総会及び学習会を開催いたします。どなたでも参加出来ますので是非お越しください。お待ちしております。

日時 6月24日(日) 午前10時から12時まで
場所 津川地域市民センター

✳当日は弁護団が参加されます!



テーマ:

私たちの暮らす地域のすぐ上流で操業している安定型産業廃棄物処分場の操業を中止するよう求めて岡山地裁に提訴した裁判の第3回弁論が6月13日午前11時から202号法廷で行われました。私たち原告団は今回もバス1台を用意し傍聴しました。法廷でのやりとりは書類で行われますので、裁判終了後に近くの公園で弁護団から内容説明を受けました。

この内容も含め裁判状況について6月24日に学習会を開いて弁護団からお聞きする事になっています。今現地では以前にも増して搬入トラックが頻繁に入場しているように感じられ、私たちの命の水である佐与谷川と流域の環境が心配です。

豊かな自然環境と安心できる水を守るため引き続き闘います。よろしくお願いいたします。



テーマ:

私たちにとって身近な佐与谷川の自然を感じ、この豊かな自然環境をみんなで一緒に守って行こうという気持ちを込めて、地元町内会の有志の方々が企画された「ほたるの宵」も2回目となり、趣味でフルート演奏を行っているグループから「何かお手伝いをしましょう」と嬉しい声をかけて戴きました。

オープニングで演奏が始まるとフルートの澄んだ音色が山河に響き、川のせせらぎとの合奏は、集まった人々の心に豊かな気持ちを感じさせるものでした。こうして始まった「ほたるの宵」も日が暮れれば幻想的な光が舞い、子供も大人も見入っていました。

夜が更ければ持ち寄った飲み物も進み「ほたるの酔い」のなかで話がはずんでいました。



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス