サヨリの解説ブログ②

テーマ:
今回もサヨリの解説ブログをお送りします。

みなさんサヨリってなにかわかってます?

そうです、サヨリはティッシュをほそく丸めてつくったあれです。

偶然にも僕の彼女もサヨリって名前なんです。

あんてね、サユリです。

サヨリなんて名前、いじめの大正でしょう?w

もしもサヨリがこのブログを見ていたらごめんなさい。

サヨリwwww

いやサヨリさんごめんなさいwwwwwwwwwww

これで今回のサヨリはおわり。

次回のサヨリもお楽しみに。

サヨリの解説ブログ①

テーマ:
サヨリは、ダツ目・サヨリ科の海産魚。サヨリは沿岸の海面近くに生息する細長い魚で、食用魚でもあります。サヨリの大きさは全長で最大40cmほどです。

サヨリは海面すれすれを群れをなして泳ぎ、動物プランクトンを捕食したり、浮遊する海藻の断片を摂食する。

サヨリは危険を感じるとよく空中にジャンプする。

サヨリは4月中旬から8月中旬が産卵期であり、群れで藻場に入り込み、メダカの卵に似た直径2.2mm程度の大粒の卵を、粘着糸で海藻や海草に絡み付ける。

サヨリの旬は3月から5月にかけてとされる。

サヨリは刺身、寿司だね、椀だね、天ぷら、塩焼き、干物などに料理され、白身の高級魚として扱われる。

サヨリ科の魚は全世界の熱帯・温帯から12属・80種以上が知られ、うち日本には6属・13種が分布する。