大切な、かけがえのない存在を亡くしたあなたへ | 福岡 共感ヒーリング ATHANAHA(あたなは)

大切な、かけがえのない存在を亡くしたあなたへ

あなたが、大切な人を、

かけがえのない存在を亡くして、

 

 

その悲しみで、心から血が止まらないように、ずっとずっと、思い出すだけで胸をえぐられるような、

 

後悔だか悲しいだかも分からない、一日のうち何度も、不意に込み上げてくる強い大きな感情で涙が出る、時に嗚咽、号泣してしまう、

 

 

そんな毎日なのだとしたら、

 

 

ヒーリングは、その悲しみや寂しさを完全に消し去ることはできないけれど、

 

 

血が止まり、

傷が癒えて、

傷跡になり、

 

 

えぐられるようだった痛みは、

かすかな「疼き」のようになり、

 

 

思い出すだけで後悔と悲しみが込み上げて、嗚咽、号泣するくらいだった激しい感情は、

 

もっと薄く軽い、諦めのような、

 

「諦めの先の、自分なりの結論、納得」のような、

 

そんな感覚に変えていくことが出来ます。

 

悲しみを超えた悲しみ

 

 

 

 

どす黒く真っ黒で重くて、

悲惨で悲劇一色だった世界に、

 

 

徐々に穏やかな日の光がさしてきて、

少しずつ靄が晴れて、

 

暖かくなって、

身体が緩んでいく、

 

 

嵐の後の安心と平和、

「ああやっと過ぎた」というあの安心感、

 

 

そんな風に、死別の悲しみは、癒えていきます。

 

 

 

 

誰かにたくさんたくさん、十分すぎるほど話を聴いてもらっても、

 

一人でたくさんたくさん泣いても、時間はかかるけれど、癒されてはいきます。

 

 

 

だけど、意識、表面の思考が働いている状態の中で感じていくよりも、

 

「ヒーリング」という特殊意識、深い瞑想状態、潜在意識の奥深くまで潜って、そこから、言葉を超えた感覚の「ただ在るがまま」の世界から扱うことで、

 

 

言葉や思考での納得よりももっと深い部分、説明できない、言葉では理解できないけれど確かに分かる、感じる、

 

ヒーリングというのは、その部分から、心が修復され、再創造される、ということです。

 

 

 

直後のショックや悲しみがなかなか癒えない、

 

もうずいぶん経つのに、まるで昨日のことのようにそのシーンも、感情も感覚も蘇る、そのたびに苦しくて辛くてたまらない、

 

としたら、そこから抜けることはできます。

 

 

 

 

ヒーリングは、大切な人、存在との死別の悲しみや寂しさを完全に消し去ることはできないけれど、

 

 

血が止まり、

傷が癒えて、

傷跡になり、

 

 

えぐられるようだった痛みは、かすかな「疼き」のようになり、

 

 

思い出すだけで後悔と悲しみが込み上げて、嗚咽、号泣するくらいだった激しい感情も、

 

 

もっと薄く軽い、諦めのような、

 

「諦めの先の、自分なりの結論、納得」のような、

 

 

そんな感覚に変えていくことができます。

 

家族を亡くした喪失感や絶望を完全に消すことは出来ない

 

 

 

 

どす黒く真っ黒で重くて、悲惨で悲劇の世界に、

 

 

穏やかな日の光がさして、少しずつ靄が晴れて、

 

暖かくなって、身体が緩んでいく、

 

 

嵐の後の安心と平和、「ああやっと過ぎた」というあの安心感、

 

 

ヒーリングによって、そんな風に、死別の悲しみは、癒えていきます。

 

 

 

大切な人を亡くした悲しみ