{39268F71-88E1-486D-9B91-79612578C865}


こちらの老人ホームでは2回目の演奏でした。
終演後、記念に写真をお願いしたら、職員の方がお花の位置など考えて下さり、とっても素敵な一枚に。
職員の方々がみなさん明るくて、なんだか元気をもらってしまいました。

ピアノコンサートの後に皆さんで合唱をするのですが、今回は夏を意識した曲と、美空ひばりさんの「川の流れのように」を弾きました。

コンサートが終わってからも、川の流れのようにの歌声が聴こえてきて、皆さん楽しんでくれたんだなとわかり、私もとても嬉しい気持ちになれました。

また行くのが楽しみですピンク薔薇



AD

オペラ鑑賞へ

テーマ:
幸せなことに生徒さんよりチケットを頂きまして、久しぶりにオペラを観に行くことができました。


{3C0790E9-F7A4-4C26-962D-B6CEC34B1ABB}

14時開演で、なんと終わって出たら20時前?!
幕間の時間も長く、休憩が2回もあるので、ドリンクの他にも素敵なお料理やデザートの出店もあり、非日常の時間を楽しみました。
{CB2A3B11-ACCE-4E02-A08C-8FF25E53AB1E}
こちらはその名も「鍛冶屋の歌」
ジークフリートに因んだ題名です。

クラシックコンサートの中でもオペラは格別で、なかなか手が出ないので、久しぶりの華やかな場所に心弾みました。

良い音楽に触れる機会は自分で作らないとなりません!
良い音楽を奏でるには、まず良いイメージを持てること。自分の中で確かなイメージが持てないとそれを表現するための方法を考えることもできません。
自分の耳と感性を育て続けるために、時間の許す限り、いい演奏を聴きに行きたいです。

素敵な歌声と音楽を浴びることのできる幸せな1日を過ごさせて頂きまして、ありがとうございました
AD
すっかり更新が空いてしまいましたが…5月のコンサートのことを記録していませんでした!

{755C25F2-1CE6-4421-8CE3-A8A6CA6FC477}
am6:00代の電車に乗り、初群馬へ!
この頃朝型生活をしていて良かった!
韮川の行政センターにて、韮川大学(老人大学)の開講コンサートに、Saxの茂木健人さんと出演させて頂きました。

茂木くんは桐朋学園大学の同期。卒業してすぐの頃、ピアニテクチャーコンサートに出てもらった以来の共演でした!フランス留学などを経て、なかなか会えていませんでしたが、いつも明るく素晴らしい人柄は変わらず、Saxの腕前とトーク力が成長されていて、たくさん助けてもらいました。

{DF7FF871-0B9D-47D9-A717-C4E26AD32AEC}
ガラス張りの素敵な会場でした。

今回なんと、会場の席には「講師」という札が?!
音楽の歴史と共に、演奏をしながら楽しく講義(?!)させて頂きました。
40分 × 40分と曲数も多く、またSaxのスピーディーな曲目にドキドキでしたが、大変楽しくあっという間に時間が過ぎていきました。

お客様を見ればにこにこ笑顔だったり、一曲弾き終えると わぁ〜!という声が聞こえたり、あたたか過ぎる反応を下さった皆様のお陰で、演奏できることの幸せを噛みしめることができた本番でした。

自分の演奏で喜んでもらえるなんて、こんなに嬉しいことはないです。

練習の辛さが吹き飛ぶ瞬間。この一瞬の喜びがあるから、また頑張れます。

個人的な反省点は次回にリベンジ!
ポジティブに見れば、反省点があるということはまだ成長できる証です。

イベールのコンチェルティーノ、次弾くことがあったらもっと上手く弾きたいなぁ!!

関係者の皆様にも大変親切にして頂き、群馬の人々の人の良さにふれることができた楽しい思い出になりました。




AD

桐朋の新校舎へ

テーマ:
ここの所は、5月の本番へ向けての準備がメインの練習です。
今回は久々のSaxとのデュオ。この時期ちょうど譜読みが重なり、譜読みが苦手な私は苦戦していましたが、苦しい期間が過ぎてやっと練習が楽しくなって来ました

{B64BF7F4-5AB2-4E19-9026-8360FCCD35C5}


そして久しぶりの母校、桐朋へ。
建て替えがされ新校舎になっていたので、行くのが楽しみでした。
行ってみたらびっくり?!とても素敵な校舎になっていました。

{5D34CC57-466D-4B74-ACEE-5325D8D805F3}


たくさんの木材が使われていて、練習室もあたたかな雰囲気。まだ新築の香りがしました。
私は在学中、学校での練習が大好きで、毎日朝練していました。
朝練はいつも練習室の争奪戦!!am5:10から練習室は空いていたので、始発に乗り、最寄駅からは競歩のように早歩きをして練習室を取るのに必死でした。笑
(寝坊して乗り遅れると練習室はもう空きなしですあせる)

そんな懐かしいことを思い出してしまいました。
朝5時から練習できるなんて、本当に恵まれた環境でした。


最後に。最近は暖かな気候になってきたので水色のドレスをよく着ました。
演奏する曲目も明るい曲が増えて、なんだか爽やかな気分になりますブルー音符
{C0439946-4B0A-45C5-8ABB-E23FAA0A4C66}



先日の文京シビック小ホールでの本番のお写真を頂きました。

{B323D0D3-20BA-4BEA-A23E-78D58D3FC9D2}
(皆様のプライバシー保護のためぼやかしております)

ピアノを中心に置くこの配置、素敵だな〜!
文京シビックの小ホールは、舞台が低く、客席の方が高くなるので、ピアノの後ろに皆さんが並んでも、隠れることがなくて。

本番後の練習で録音を聴いてみたら、綺麗に響いていて、皆さんと喜び合いました。

こちらの皆様、本番に強いんです。
羨ましい!


ちょうちょ


私は平気なふりしてますが、本番は常に緊張感がつきもの。。
ホテルへ演奏をしに行ったとき、「緊張しちゃう〜!」と言ったら、仲良くしてくださっているスタッフさんがすかさず素敵な笑顔で「楽しんで!*^^*」と。
その優しさに感謝の気持ちでいっぱいになりました。