キールズといえば、167年前にニューヨークで調剤薬局として創業したのが始まりのスキンケアブランド。

 

科学・薬学・ハーブの知識をもとに天然由来成分を配合した化粧品を展開しているブランドとして、世界で愛され信頼されているブランドの1つです。

 

これまで私の愛用品は、クレンジングやリップ、ジェルマスク、クリームなど・・・・でも、美容液は使ったことがなかったんです。最近毛穴や乾燥が気になって・・・そんなときに今の肌悩みにぴったりのアイテムをみつけました。

 

じゃじゃん。

 

今回2018年1月12日(金)新発売

Kiehls

キールズ DS ライン コンセントレート 12.5C

8,800円(税抜)

50ml

 

これを朝晩、洗顔後に化粧水のあと2~3プッシュ肌になじませて使っています。

 

もともと「キールズ DS ライン コンセントレート 12.5C」は2005年に誕生した美容液。

キールズのベストセラー製品です。

皮膚科医の協力を得て開発している、キールズ皮膚科学スキンケア(DSライン)の中の一つ。

 

それが、今回89回という試作を経て、パワーアップして登場したのだとか。

「キールズ DS ライン コンセントレート 12.5C」は、ビタミンCの配合量を従来の約20%ほど増量し、12.5%配合。

 

「キールズ DS ライン コンセントレート 12.5C」の魅力的なポイントは2つ。

 

⑴2種類のビタミンCと絶妙な配合量

今までの製品に配合されている、ピュアビタミンC(10.5%)に加え、ビタミンC誘導体(2.5%)配合。

塗った瞬間に肌にすっとなじむピュアビタミンCと新しく配合されたビタミンC誘導体が、より持続的に肌の角質層に浸透すると言われています。

 

⑵ヒアルロン酸配合

新たにヒアルロン酸も配合。水を使わずに、ビタミンCが劣化しにくい処方にしているのだそうです。

ここでも安定したビタミンCの作用をサポートしています。

使ってみると、本当に肌なじみが良い。

べたつき感もないし、次のスキンケアアイテムとの相性も抜群です。

 

ビタミンCを特長とした美容液って、乾燥が気になってしまうイメージがあるのですが、これはヒアルロン酸などの保湿成分もしっかり入っているので、肌がしっとりうるおいます。

 

毛穴の開き、小じわ、ハリなどアラサー世代から気になりだす、肌の悩みに集中的にアプローチしてくれるというだけあって、自分の肌悩みにぴったりでした。

 

毛穴の開きが気になりにくくなりました。メイクしたときにファンデーションの毛穴落ちが目立たなくなった〜〜。

きゅっと引き締まったかんじがします。

image

朝晩使うと、しっかりお手入れできて肌調子がいいのも実感できます。

寒くて、乾燥も厳しいけれどちゃんとうるおって健やかな肌がキープできています。

 

ぜひ気になった方は、店頭で試してみてくださいね。

 

1/12からツイッターのキールズ公式アカウントで、「ライコンが1年分当たる」キャンペーンを実施します。

こちらもぜひ見てみてくださいね。私も応募します^^

 

AD