ダンススタジオで先生に振りを習って皆で踊ってるやつ。



どう見ても同じ振りなのに、圧倒的に先生だけがカッコいいやつ。笑

同じ振りでも上手く見える秘訣ってのがある。
センスでそれを行く先生と、振りだけ入れて踊れた事になってる状況に疑問を持った為、とあるグループにパフォーマンスコーチを紹介してみた。

全ては歌って踊るをカッコよく、効率良くする為なんだけど。

センスの良い人だけが伸びるようなレッスンじゃなくて、全員もれなく底上げさせたいじゃないですか。

振りかぶる腕の距離、指を指す仕草。

なぜ先生はカッコよくて自分達は何となく、になってるのか。

学んだら、見える情報量が格段に増えるわけです。

結果は...大正解でした。

なぜカッコよく見えるかを分析できるようになれば、出立ちが全て変わってくる。関節や筋肉、腱など全てが連動できてる上で、支配出来る人、それがカッコよく見える人である。

本当に横手先生に色々習ってよかったなぁ。

これは私は健康的に長時間なるべく多くの人たちを教えられる為だけにやってるんだけどね。笑


ついでに私も一瞬で見えて聞こえて説明出来る人になれました。(踊れないけど爆)

やはり、YouTubeや無料配信では得難いもをレッスンでは得ることができます。

技術にお金をかけるのは、本当に大切な事。


プロこそ基礎の基礎だけやります。



よくスクールなどに招かれて「安倉先生に来ていただけるなんて!」と言って頂けるのですが、申し訳ないけどその生徒達のほとんどが、「スクールの先生に習うのがまだ早い」段階です。

逆にそのスクールで習うために、うちに来たらいい。


スクールの先生はミュージシャンとして非常に能力が高く、現場も沢山経験してる方が多いです。

ダンスの話の通り、出来る人に習うにはまず自分がその人との違いを見れるようになる事、更に最低限出来るようにならないと、なかなか受け取ることが出来ず、違う時空で話し合ってる感じになってしまう。

だから「そもそも」を是非うちに習いに来てほしい。

そうすれば無駄な時間なく、上達への最短距離を自分で測れるようになります。

そして私達ボイスコーチも、自分の好みや感覚ではなく、"その時点のあなたのベスト'を追求し、提供できる存在でありたいと思っています。

だから勉強し続けます。



先日慶應大学の言語学の准教授から送られてきた古典力学の式。(やめて)



こんな事はレッスンではやりませんが、皆さんに複雑な音声の世界を分かりやすく共有するために、来年はもっと踏み込んだ世界に突入してやろうと思います!!



今年もあと少し。

私は31日まで駆け抜けますぞ。



皆さま、楽しい年末を。



安倉さやかボーカルスタジオ