モデル式キレイ術⑤ 麗しのZライン | 美姿勢生活diary

美姿勢生活diary

神戸美人塾を主催している三浦さやかのブログです


テーマ:

みなさんこんにちは

姿勢と歩き方の教室

神戸美人塾 三浦さやかです

 

 

 

今年の冬、お買い物をしていた時のこと

ざっくりしたニットが欲しくて、いろんなお店を見て周ったのですが

よく見かけたデザインが

ざっくり暖かそうなニットなのに、首元は大きく開いているもの。

 

 

なぜこの真冬に、一番冷えを感じやすい首元を

あえて冷やすデザインにするんだ!?

 

 

思わずショップの店員さんに

 

 

これって・・首が寒くないんですか?

 

 

とオバチャン丸出しな質問をすると

 

 

外に出る時は、首にマフラーを巻いてください

家にいる時は、鎖骨出して、華奢見せしてください

 

とのご返答。

なるほど。

 

 

わざわざアイテムを足したり減らしたりしてまで「見せたい鎖骨」。

鎖骨が見えたら、どうして華奢に素敵に見えるのでしょうか。

 

 

まずは鎖骨を確認してみます。

鎖骨は、胸の骨「胸骨」と、肩甲骨を結ぶ位置にある骨です。

 

 

鎖骨は、胸骨・肩甲骨が正しい位置にある場合

図のような角度で体内に存在し

皮膚を通してうっすらと見ることができます。

 

正しい位置ではない場合というのは

肩甲骨が前に出て猫背になっている状態。

首回りが詰まっている状態です。

 

そのほか、鎖骨周りのリンパの流れが悪く、むくんでいる時も

肩甲骨は埋もれていることがあります。

 

つまり、鎖骨は、姿勢がよく・体の巡りもよい

つまり「体の内外ともに美しい」という美の象徴。

鎖骨がキレイに出ている人は内側もすっきりキレイ

そう見えるのではないかと私は考えています。

 

 

この鎖骨

モデル式キレイ術①でもお伝えした 胸鎖乳突筋

加えてあごの下のライン

私は

 

麗しのZライン

 

 

と呼んでいます。

 

正しい姿勢でなければ美しい鎖骨のラインは出ません。

首が正しい角度でなければ胸鎖乳突筋は出てきません。

そして、フェイスラインがたるんでいては、あごのラインがキレイに出ません。

 

つまりこのZラインこそ「美しい人」という象徴のライン。

 

 

横から・斜めから見たときに

この麗しのZラインがキレイに入っていると

とてもきれいです。

 

全てのラインは、リンパの流れとも関係があるので

このZラインにそってマッサージするのがおススメ。

 

ぜひ首元に麗しのZラインをつけて

美しい人を目指してくださいね。

 

三浦さやかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ