最近私、

本屋さんで
小学生向けの問題集コーナーを見ることにハマっています照れチョキ






私、
元々『本好き』『書店好き』『勉強好き』ですので、わけもなく参考書コーナーを見ること自体も好きなのですが、


小学生向けのこういうコーナーを見ていると、


「わーキラキラ 娘は○年後にはこういう事までできるようになってるんだーおねがい

と感じることだけでもとても嬉しい気持ちになれるし、


「ん~、イマドキの小学生にはこんな良い教材があるんだーえー
お、これいいなぁキラキラ
○歳になったら絶対やらせよう爆笑

なんて考えるだけでもすごくワクワクしちゃいますルンルン




私は『小学○年生 算数』というような教科書に準じた参考書&問題集より、

学校の授業の進行に関係無く、
こどもの知能そのものをどんどん伸ばしていくような良いワークブックが好きですラブラブ



何度か小学生向けのコーナーを物色している中で、

いつか絶対やらせたい!と思えた魅力的なワークの中には幼児期から始められる入門編のようなラインも発売されているものもいくつかあることがわかりました爆笑キラキラ




既にご存知の方、使っていらっしゃる方も多いのでは?と思いますが・・・


まず即決で購入を決めたのが、
『なぞぺー』シリーズ星 

考える力がつく算数脳パズル 新はじめてなぞぺー  年中~小学1年/草思社
¥950
Amazon.co.jp



年中~となっているけれど、既に取り組めそうな問題もあるので買いましたニコニコ



私に似て、『ひとひねりある問題』に燃える傾向がある娘(笑)

こちらの迷路バージョンのなぞぺーもきっと大好きなずですうずまき

考える力がつく算数脳パズル 迷路なぞぺー 5歳~小学3年/草思社
¥1,188
Amazon.co.jp




壁に並んだこちらのシリーズもかなりの良問揃い!!




対象は『小学校全学年用』となっており、長く使えそうなのもgoodグッ


私が苦手分野であった【幾何学】の分野を身近なもの=おりがみで学んでいけることに魅力を感じ、
『おりがみで学ぶ図形パズル』を購入しました星

 
おりがみで学ぶ図形パズル/ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥1,080
Amazon.co.jp


『切りがみで学ぶ図形パズル』もいずれ欲しいところですが、

この2冊はほんと大人でもちょっと頭を使う問題が多く、いつか娘がこれをサクサク解きながらパパやママに得意気に教えてくれるようになったらいいなーラブと願ってやみませんキラキラ





『宮本算数教室』の宮本哲也先生の
『賢くなるパズル』シリーズも絶対娘にやらせていきたいシリーズです星


宮本算数教室の教材 賢くなるパズル―入門編
宮本算数教室の教材 賢くなるパズル―入門編
648円
Amazon

 


まずは『入門編』が欲しいのですが、昨日はあいにく品切れ・・・タラー

近いうちにゲットする予定ではありますが、このへんの『数字を書く』という工程が必要なワークブックは、実際に熱心に取り組むのはまだまだ先に見送ろうと思っています。

やはり今は、定着した数概念や『書く』ということを使ってワークやパズルで伸ばしていく・・・というよりも、

まだまだ基礎的な数学的感覚や数の理解・数字を『書く』ということ等に時間を費やす必要を感じますうずまき


数学は特に、基礎をしっかり固めながら伸ばしていきたいですよねウインク





小学生向けのコーナーを見る中で、
感じたことがありますハッ


それは・・・

娘の
分野別の知的発達度合の差



年齢の割にとても口達者で語彙力・表現力もある娘、

小学一年生向けの【こくご】の問題集を見ると、
「既にできるな~口笛」と思える問題も多いです。

実際、口頭で少し問題を出してみたら、
文と文を繋ぎあわせる適切な接続詞を述べる問題や文の間違いを正す問題など、
しっかり自分なりの言葉で正しく回答出来ていましたうずまき
(『書く』『読む』ことはまだ発展途上なので、あくまでも口頭での出題&回答が必要です💦)


一方、小学一年生の【さんすう】の問題集となると・・・

残念ながらまだまだ無理!といった感じガーン


もちろん、
幼稚園に通う3年間のうちに、できる限り追いついていこうとは思っていますが、
現段階では小学一年生の問題レベルに至るまでにはまだその間のレベルをいくつも経なければいけない必要性を感じますアセアセ



【こくご】と【さんすう】の、
小学一年生向け問題レベルと娘の現在のレベルとの距離感の違いには本当に驚きましたびっくりハッ


出来るものはどんどん伸ばし(進め)、
出来ないものは基礎をしっかり固めながら『出来ることの楽しさ』を教えていきたいと思っていますおねがいハート

ちなみに・・・

【理科】や【社会】など、
知識を得なければいけないものに関しては私は幼児期のうちに慌てて教えこまねばならないものではないと思っているのでスルーしました。
(もちろん家庭で幼児期から理科&社会分野に触れさせる日常を送ることは必要うずまき)




娘が得意なのもさることながら、

私自身もやはり好きなのが文系分野ピンクハート



こんな魅力的なシリーズを見つけましたラブ


『出口式 はじめての論理国語




出口汪先生には受験時どれほどお世話になったことでしょう照れ
(特に実況中継シリーズ!懐かしい♡)



こども向けのワークブックも出していらっしゃるのですねキラキラ

これも幼稚園のうちには触れていきたい1冊です照れ



そしてこのシリーズもキラキラ




私自身、受験勉強時、現代文の問題文から得た知識や考えさせられたことが沢山あり、
『問題文』って大事だよな~と感じているのですが、

このシリーズは、『問題文』がジャンル別になっているので、付加的知識も付けられそうでとても魅力を感じますおねがいキラキラ


娘の識字がもっとしっかりしたら、  すぐにでもやっていきたいシリーズ星




昨日はついでに赤本コーナーも見ました星


懐かし~爆笑爆笑爆笑




合格することはできなかったけれど、ボロボロの大学の赤本は未だに捨てられない私ですσ(^_^;)


2度目の受験失敗で当時の人生最大のドン底を感じたあの頃からはもう十年以上も経ち、今となっては良い思い出でしかありませんが、

これから先も娘と一緒に学んでいって、いつか一緒に大学の受験問題に挑めたらいいなぁなんて思っていますてへぺろラブラブ



【娘 3歳5ヶ月】