London Design Week 2017

テーマ:

Design Centre Chelsea Harbour にて開催されたLondon Deisgn Week 2017も昨日17日で終了しました。ダイレクターの澤山が帰英したその翌日にNSDAも各メーカーからの新作を見に行きました。

 

 

 

Design Centre Chelsea Harbourはいつ来ても気分が上がります。それもそのはず、世界最高級の選び抜かれたインテリア商材が集結している場所ですから。今期のトレンドもしっかりと分析してきました。

 

トレンドはトレンドレポートにて発表するとして、番外編としてご紹介したいのが、London Design Weekに併せてポップアップショールームとしてオープンした、SOHO HOME x TURNELL & GIGION, TIM PAGE CARPETSです。

 

 

まずSOHO HOUSEについて説明しますと、1995年に設立されたクリエイティブ産業に関わる方達の為のプライベートメンバーズクラブで、ロンドンのSOHO地区に第一号をオープンさせました。現在では英国以外にも、ヨーロッパ、北アメリカなどに、レストラン、シネマ、ワークスペース、スパ、ベッドルームなどを兼ね備えた「ハウス」が18件あります。

 

そのSOHO HOUSEで使われているインテリアプロダクトを販売しているのが SOHO HOMEですが、今回ファブリック会社のTURNELL & GIGION、カーペット会社のTIM PAGE CARPETSとコラボレーションしてこのショールームをオープンさせました。

 

 

 

 

 

壁全体を覆う花柄リネンのファブリックや、フォポースターベットとそのしつらえ、ソファー、アームチェアー、クッション類のセッティング、バスルームなどなど、すべてにおいて細やかにでデザインされており、どこから切り取っても絵になる素晴らしい空間でした。