癖になるトロピカルフルーツ

テーマ:

フォローしてね!

【DEPG ダイビング&英語 in プエルトガレラ 最新情報 vol.24】

今日ご紹介するフルーツは

 

これ

何だか分かりますか?

 

 

これマンゴーです

 

熟してないマンゴーだろーーー!

 

 

って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

これ完熟です

 

 

マンゴーって言ったら

これだろーーー!

 

これーーー!

 

 

 

でも初めに紹介したのも立派なマンゴー

 

 

マンゴーは数千種類もあるそうで、

初めに紹介したマンゴーは

インディアンマンゴーという種類

 

 

食べ方は、

皮を剝き、スライスして塩でいただきます。

 

味は少し渋みがありますがほんのりとマンゴー特有の甘酸っぱさがあり、果肉は硬めで歯ごたえがしっかりしています。

甘酸っぱさのイメージはリンゴに近いかも…

(味はもちろんリンゴじゃありません)

 

塩を付けながら食べると

渋み甘味酸味塩味絶妙なバランス

で癖になります。

 

 

よく似たマンゴーでグリーンマンゴーがあります。

これは熟していないマンゴーで渋みが強いんですがフィリピンの人は好んで食べていて

プエルトガレラの露店でもスライスされたものがよく売られてます。

こんな感じで

でも私は見た目ではインディアンマンゴーとグリーンマンゴーの区別がつきません。

 

甘~い完熟マンゴーももちろん美味しいですが、

日本でめったにお目にかかれないインディアンマンゴー

DEPGの英会話レッスンの合間にぜひお試しください

 

 

PS 因みに私はいつも大家さんに裏庭で取れたインディアンマンゴーをもらっています

 

 

ダイビングと英会話マンツーマンレッスンのコラボレーション

 ↓ をクリックしてぜひホームページにもお立ち寄りください