うまれました! 「あなたが大切な人にできること」出産編 | さわとんのブ〜ログ。今。

さわとんのブ〜ログ。今。

5年半のうつ病、マンション最上階からの飛び降り、大腸全摘出、、、その後カウンセラーとして起業し、気づけば早10年。。「ありがトン(サンマーク出版)」、「人生をやめたいと思ったとき読む本(東洋経済新報社)」等の著者さわとん(澤登和夫)が、今、思うこと。今。


テーマ:
Vol.2310
 

 

前回のブ〜ログ

妻トンが臨月であることお伝えしていたのですが、、、

 

 

うまれました!

 

 

 

6月30日午後2時22分、

3218グラムの男の子(第一子)が誕生しました〜☆

 

ありがトンございます☆

 

 

 

正直、今の気持ちとしては

妻トン(妻)とちょこっとん(赤ちゃん)

本当によくがんばったなぁということばかりです。

 

 

自分としては一生のテーマでもある

「あなたが大切な人にできること」

を試されるような場でもありました。

 

 

 

一生に一度あるか無いかのことなので

経過と感じたことをお伝えしますね。

 

 

まぁとにかく痛みが続く時間が想像より長かったです。


陣痛なるものがこんなに長い時間、ひどい痛みが続くものとは思わなかった。

 

どうしても映像とかでは出産直前がフォーカスされるのもあり。。 
  
 


前日、日本がW杯決勝トーナメント進出を決めた深夜2時頃に陣痛が始まり、

 

朝9時頃病院に行ってそのまま入院。
   
そこから何度も何度も体験したことないような激痛が襲ってくる。

 

最初は15分、10分おきとかなのが、5分、3分、、、

 

と少しずつ短くなっていく。。。


   

 

(この頃も実は大変だったけどまぁまだよかったなぁ)

 


 
のだけど、、妻トンは陣痛が止まったり頻度がなかなか

 

増えなかった(微弱陣痛)そうで、またそれがもどかしかった。

 

痛みはくるけどそれが出産に近づいているのかわからない。。
    


そりゃいつか終わるって頭ではわかっていても、

 

初めてだしとにかく今が苦しいのでその視点を持つのは本人も支える側もホント難しかった。
  
  


結局、、

 

破水は途中でしていたので、破水した状態で陣痛が長く続くのも良くないと

 

朝になって陣痛促進剤を点滴開始。
  
そこからは一気に頻度も増えて午後2時22分の出産へと向かっていったんだけど、

 

一気に陣痛が強まったもんだから妻トンもパニックっぽくなってそこからも大変だった。。
   
 


ようやく子宮口が10センチ開いたのでさぁ出産へとなったけど、

 

妻トンも疲れきっていた(助産師さんは「子宮も筋肉だから疲れが溜まってる」と)ので、

 

いきむ、ということもまた大変で。。

 

へその緒が首に少し絡まっていたそうでそこも注意しつつ。
   
 


こちらは妻トンの顔の横にいるので股は見えないけど、

 

いきむたびに助産師さんがグリグリやってる。引っ張り出してるのか。
   
これまでに見たことが無い表情の妻トン。


早く終わってあげてほしいけどなぁ。。


でも疲れきった表情の中でも少しずつ慣れていってる感じもする、すごいすごい!
 

 


 
ホント二人ともがんばり続けて、

助産師さんも声かけしながらサポートしてくれて、

少しずつ頭も見えてきて、、
 


さぁもう少し!
   
さぁ最後!

 


最後のいきみでは先生が少し切開しつつ、

 

助産師さん二人が上からお腹を押して、、

 

妻トンの悲鳴、

 

みんなの「がんばれ!!」
  
 


そしたら、、
 
ちょこっとんの


髪の毛が見え、、


頭が見え、、、


顔が見え、、、


 
全身が見えたぁ!!!

 

 


 
さわとん一気に目が潤む。
二人ともほんとよくがんばってくれたなぁ。
  
 
そして妻トンも泣くかと思ってたら、、
ちょこっとんを見た瞬間

目を見開いて怖がるような表情で「キャー!!!」
 
その表情があまりに怖い感じの表情だったので

おかしくなったのかと思うほどだったけど、
 
  
「キャー!!! いるー!!!」
 
 
その言葉に先生も助産師さんもみんなが笑いに包まれる中、

ちょこっとんは産声をあげました。

 


めでたしめでたし(^0_0^)」
 
 

 

 


夫としての

「あなたが大切な人にできること」は、、

 

まぁそれなりに頭も使ったけど、

 

結局は一緒にいる、しかできなかったかなぁ。
  


「助産師さんずっといて〜! この人じゃダメなの!!」 


と陣痛ひどいとき妻トンに言われつつも(笑)


一緒にいて、一緒に感じられることは一緒に感じる。
  


 
とてもまとめられないけど、、
出産は赤ちゃんの誕生のためなのだけど
ママもママになる儀式、
パパもパパになる儀式なんだろうなぁ
(出なくてもそれはそれだけど)。


ちょこっとんを受け止める包容力を
プレゼントしてもらった気がします。
   
ホントふたりともがんばってくれました。
たくさんの人に助けてもらいました。

 

 

ここからしばし、ちょこっとんフォトです。

当日がこちら。

 

 

 

 

がんばって出てきたから顔も腫れてるなぁ

毛が濃いですなぁ

さわとんに似なくてよかったか(^0_0^)

 

 

 

 

ここからは2日目。

 

 

 

 

たった1日で随分とスッキリして穏やかになった感じですよね。

 

 

 

似てますかぁ

 

 

おっぱいやミルクあげたりオムツ変えたり

早速始まって試行錯誤しながらやってます^^

 

 

 

という感じです。

 

ちょこっとんの変化を日々感じるので

何かちょこっとんの声が

聞こえる気もするんです。

 


 

「パパ〜
 

ぼくはいまをいきてるよ~。

 

いまだよ〜。

 

きょうだよ~。

 

すっぽんぽんだよ~。

 

パパもいまかんじることだいじにね」 
 

 

 

こんな声が聞こえる気がします。

 

 

これからも

なるべく育児に携わり

色々なことを彼から学びたいと思ってます。

 

なので

仕事はもっと効率的に

結果も出していきます。

 

 

またそこらへんも

落ち着いて決めて

お伝えしますね。

 

 

 

ちょこっとんの誕生、、、

 

ぼくも

生きてきてよかった。。。

 

そして、

色々な方の支えで、力で、

彼の命があります。

 

 

本当にありがとうございます。

ありがトン☆

 

 

 

当ブログ「さわとんのブ〜ログ。今。」と同じ内容を、ブログ更新時に毎回メールマガジン(とんマガ)としてお届けしています。ブログが更新されたことも都度わかります。送信希望される方は、こちらからご登録ください(いつでも解除できます)。

さわとんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ