雑誌ベストフラワーアレンジメントの撮影へ行ってきました。 | re-flower本部:静岡市フラワーアレンジメント教室&ウエディングアトリエ*生花、アーティフィシャル(造花)、プリザーブドフラワー

テーマ:



re-flower本部★花は心のドレスです♪ 静岡フラワーアレンジメント教室

re-flower本部★花は心のドレスです♪ 静岡フラワーアレンジメント教室

re-flower本部★花は心のドレスです♪ 静岡フラワーアレンジメント教室


昨日は、急遽、雑誌:ベストフラワーアレンジメントの

撮影立会いのため、東京まで行ってきました。


いつもは、作品を宅配で送って撮ってもらい、

1/6ページの枠で、作品が掲載されるのですが、


今回は

”(仮タイトル)7名のフローリストが紡ぐ、春のアレンジレッスン&レシピ”という

テーマで7名の内の1人に選んでいただき、

見開き2ページに掲載されるということでした。


なので、

”これは、立会いに行かねばならない”と思ったわけです☆


撮影は、丁寧に一つずつスタイリングや小物を変えて

ディティールやアングルもこだわりながら進められました。


行く前は予想もしてなかったことなのですが・・・

非常に感激しました。


”自分が作った作品をこんなに大事に扱ってもらえるんだぁ~”という

感じでしょうか?


初めて、フラワーギフトをお客様に購入していただいた

時のような、背筋がゾクゾクとするような感激がありました。


撮影は雑誌社の社長が自らスタイリングを中心に撮影に大きく関わり

それに少し驚きもあり。


”全国の書店に並ぶ雑誌だから、写真&作品命だもんなぁ。

そういう雑誌に関わらせていただけたんだぁ。”


なんてまたまた感動したのでした。


ほんとに

初心に戻れたといいますか・・・


作品の撮影の後は、レシピをコマ割で撮ったり、上の写真のように

使用した花材をこれまた丁寧に並べて撮ったり、


花あわせや色あわせについても説明と同時に撮影して・・・・


リ・フラワーを分析されたような感じもしたり。


約2時間半ほどの撮影でした。


急な話ではあったのですが、ワタシから提出した説明書きは

なぐり書きのようなもので、ほんとに恥ずかしい思いでした。

もっとちゃんとするべきでした。反省。


それにしても

このシゴトを続けられてきたからこその話なんだなぁ。
なんて思ったり。


もっとというか、更に真剣に花に取り組もうと
誓ったのでした☆


雑誌は2月16日発売の、10周年記念号。

全国の書店で発売されます☆

また発売されたら報告しますねっ。


http://www.fourseasonspress.co.jp/bfa/backnumbers/backnumbers/contents/next%20issue.html

なかむらさわこ★re-flower主宰さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス