イタリア フィレンツェ 田舎暮らしの12ヶ月

イタリア フィレンツェ 田舎暮らしの12ヶ月

動物たちに囲まれた
トスカーナの森の中 自然に寄り添った半自給自足
フィレンツェ 田舎暮らしの12ヶ月

自家製のお醤油麹(小麦と大豆) 



昨年の秋 仕込んだお醤油。



11ヶ月後 ドロっとなったので
絞っちゃおう!



イタリア製の 手動ジューサー。
オイル漬けや塩漬けの瓶詰め用の野菜なんかも
これで絞るらしい。



少しづつ 少しづつ ぎゅうぎゅう絞っていく。
凝縮された醤油粕。



イタリア中部発酵仲間に教えて貰った
醤油粕の利用法。
乾燥させて粉にする!
わぁこれはいい!!と思って
乾燥させて 粉にしてみたら 香ばしい香り!!




何に使おうか考えた結果
ひっくり返した林檎ケーキ。
いつもは 塩キャラメルの塩分は
自家製味噌を使っているけれど
今回は この醤油粕の粉を使って。
照りっと 香ばしく しっとりと染み込んだ
塩キャラメルが なんとも美味い!



漬物の下味も良さそうだし
炒めものや おむすび🍙もいいな。

控えているのは
丸麦と大豆のお醤油
玄米と大豆のお醤油
そら豆だけのグルテンフリー醤油
続々絞らなきゃ💕
子犬の アルトゥーロが家族になって 1週間。
本当に びっくりするほど 
家での暮らしに すっかり慣れている。



ナナ姉さんとも仲良しで 
毎日夕方に始まる追いかけっこ。
平和だな〜



成長も早く 脚の届かない倒木も
一生懸命越えて 一生懸命ついてくる。



で、すごーく疲れて 
“ワスレモノ” したまま昼寝。
可愛い💕



と思いきや… ひとりでお留守番したある夜…
きゃー😆
SNSで見たことあるけど こんなに派手に
散らかしたのを見たのは 初めて(笑)
ナナは 子犬の頃こんな事しなかったから
びっくり(笑)



牧場主さんに 乱暴に車に乗せられた
嫌な経験があるのか アルトゥーロは
車が怖いみたい。
顔を隠してキュンキュン鳴く。

車って 楽しいところに行く時にも乗るんだよ
って 教える為に 3回目の乗車訓練。
ナナ姉さんの付き添いで。
ナナの 狭いんですけど…って訴える目(笑)



行き先は 田舎暮らしのお山から
車で10分降りた街のビランチーノ湖。
リード2本引いての散歩は 
私にとっても初めて。
ナナは速く歩くし
アルトゥーロは怖い怖い…で歩きたくないから
両手を広げた私の
前方にナナ 後方にアルトゥーロ
お散歩中の方々に クスクス笑われる始末…

アルトゥーロのエンジンがかかってくると
ナナにちょっかい出す。
で、ギャン!!って怒られるのがパターン(笑)



初めての リード着けて
お散歩デビューの記念撮影📷
あれれ…ナナちゃん こっち向いて〜😅



家族になって1週間の間に 
手前に引くタイプの柵の入り口を
開けられるようになった。

そこは先代アルトゥーロが 
自由に出入りしていた入り口。
お空で先代アルトゥーロが教えたのだろうか。


この日 朝 虹が出ていた。


アルトゥーロ がお空へ行ってから
11ヶ月が経っていた。
あっという間だな。
動物たちの見守り係りを 早く迎えたい夫に
「タイミングが来たら きっと
彼の方からやって来るから 待ちましょう」
と何度か言っていた。



その日は 突如やって来た。
午前中に 知り合いの牧場から 
「雄の子犬を 今から連れて行くから」と
なんの心構えもないまま 子犬がやって来た。
アルトゥーロと同じ 
パストーレマレッマーノ種の超大型犬。
牧場主のトラックには 2兄弟乗っていて
どうぞ選んでという。

選んで…って言われても…
夫は 鼻のシュッとした方がいいと言ったが
鼻の丸い 寂しい目をした この子を選んだ。



白犬のはずなんだけど 牧場生まれの子犬たちは
灰色で臭くて くっつき虫(野草)がいっぱいついていた。
無理にさせたくないので 1時間以上かけて
少しづつ 1歩づつ 前へ前へ 誘いつつ
シャンプー2回してスッキリ!



後ろ姿が アルトゥーロにそっくりで
アルトゥーロがいなくて寂しくて 恋しくて
子犬がウチへ来てくれたことが嬉しくて
わけのわからない涙が溢れた。



ウチの子になって6時間後…
庭の真ん中で でーんと伸びでぐっすり眠る…
この子には 不安とか怖いとか
ないのかもしれないな…
そう思ったとき 降りてきた思いがある。

この子は ウチの子になることを決めて
虹の橋を渡って降りて来たんだな。
長旅で疲れて 眠ってるんだ。
と言うことは 私達を知っている誰かが
この子に このお家の話をしてくれたんだな。
アルトゥーロだ!
この子がちゃんと虹の橋を渡って降りるまで 
きっと付き添ってくれたに違いない。

この思いで 心が本当に温かくなった。
この温かさは 今はもう触れられないけれど 
いつも手を握っていたアルトゥーロの温もりだ。

だからこの子はこんなにも
安心しきって寝ているのだ。



ナナとも すぐに仲良くなって
一緒に追いかけっこしたり 付かず離れず
昼寝をしたりしている。

今日は 動物病院で 初検診日。
ナナも付き添ってくれた。
マルコ先生は ナナが子犬の頃から
アルトゥーロの最後まで診てくれている先生だ。
触診と虫下しのお薬と登録と
ミクロチップ装着(ヨーロッパは義務)



帰宅後 なんだか気持ちが疲れた2匹を連れて 
森散歩。
まずは1kmだけを 毎日続けている。



午後は それぞれ お昼寝。



子犬の名前は アルトゥーロ。
先代アルトゥーロから貰った名前。
色々候補はあったけれど
先代アルトゥーロへの尊敬と愛情を込めて 
この名前を選んだ。

立派な田舎暮らし犬になれるよう 頑張ります!
皆さまどうぞ宜しく☘