今日は、
下の子の習い事で
エムクオーティエ方面へ。

混むと嫌なので
早めに出たら
15分以上前に到着。

子供が
喉が渇いたと言うので
近くのコンビニへ
飲み物を買いに。

パクソイ(道の曲がり角)に
丁度バイクを停めた人がいて
マフラーにあたったら熱いぞ、
やけどしたらたまらないと
少し右に寄りました。

そしたら、
痛い‼️

何事かと思ったら
右直ぐ真横に車が。

足をタイヤで踏まれました。


しかし
不幸中の幸いで
踏まれた足の部分は多分
ほんの少し写真の黄色の部分位でした。

痛いのは痛かったですが
少しの間赤くなった位で済みました。

ちょっとドライバーさんを
睨みつけてみましたが
タイ語も出来ないし
私も悪かったのかなと思い
特にクレームもせず。

恐らく
相手は何が起こったのか分からず仕舞い
だったのではないかな。

実は私、
高校時代のアメリカ留学中にも
乗馬で馬に思い切り足を踏んづけられた
経験があります。

余りの重さに足が麻痺して
痛みが良く分からずそのまま 
馬に乗ったけれど
嫌な予感がしてブーツを脱ぐと
足の甲のど真ん中にそれはそれは
立派なたんこぶが出来てました。

コーチに見せたら、
これは骨折してるかもと病院に行きましたが
レントゲンを撮ってもらったら
骨折してませんでした。

私の骨は
丈夫なのかしら。

幸い
大事にはなりませんでしたが
ヒヤリハット。

今後は
更に気を付けて道を歩こうと
思います!

足踏まれたのが
子供でなく自分で良かったと
思いました。

まだまだ
小さい子供の足だったら
もっと大変なことになっていたかと…。