旦那さんが、ある日突然、今辞表出して会社辞めたから、今から帰るって帰ってきた話。

その後日談

 

なんと、旦那さんが怒って仕事を辞める原因になった人(仮にAさん)が、解雇されるみたい

Aさんは連邦政府の職員で、旦那さんが働いていた会社から見るとお客さんに当たる会社の人

政府の職員って、かなりのことしないと解雇されない(=ほぼ解雇不可能)と思っていたんだけど、解雇ってありえるのねぇ~、ってびっくり。

しかも一般の企業が、お客さんの会社の連邦政府職員を解雇するって、またまたこれもありえるの~???とこれもびっくり。

日本の会社だとお客さんは神様だから、嫌なことされてもそんなことしないよね!?

 

 

辞めた日に、旦那さんが働く会社のリクルーターから、

「突然辞めたって聞いたけどびっくりした。どういうこと?」と電話掛かってきて。

普通ならもうやめた会社なことは知らないって感じですが、このリクルーターはもともととってもいい人だったんで、旦那さんが辞めた事情を説明。

リクルーターは旦那さんの元上司に事情を説明。

そして、元上司はAさんを解雇するために動き出したらしい。

他にも嫌な思いしている旦那さんの会社の従業員や目撃した従業員はいて、その人たちからも証言を得たらしい。

(<=この人たちは、旦那さんが辞めるまでは仕方ない事と思っていたので、それまで文句とか言わなかったみたいだけど)

旦那さんにも、再度文書の証言にサインして欲しいと連絡がきたりして、本気で解雇させるみたい。

 

で、一体何されたのって話なんですけど、ちらっと読ませてもらった。

Aさんの問題発言&行動の一部。

「コロナを怖がって自宅勤務なんて弱虫のやることだ」って言って、自分自身は自宅勤務するとか、

個人のデスクのゴミ箱を見て、今日何食べたかチェックしてコメントするとか、

「あいつはデブだ。仕事に来ても食べてばっかり。」と太っている人を馬鹿にしたりだとか、

Aさんも旦那さんも妻が日本人なんだけど、「日本は女性差別できるからいいよな。」とか旦那に同意を求めてきたり。

まぁこういうハラスメント的な発言&行動。

後は、詳しくは書けないけど仕事の事でも似たような感じ。

 

暴力をふられたわけでもないし、お客さんの会社の偉い人だし、日本の会社ならこれくらい我慢しろって言われそうな気もする。

 

アメリカは人事に苦情を出せばちゃんと対処してくれることが多い。

だから、私みたいなビビりの一般人は職場での発言には注意するんですけど、

(こっちはそんな気なくても、相手からすると思慮に欠けた発言って思われることもあるから)

Aさんは連邦政府の職員だし解雇されることはないって思っていたのかなぁ。

 

で、旦那さん、元上司に「この人を解雇したら、また戻ってきてくれるか」と聞かれているらしい(爆)

まぁ戻らないと思います。

今週は面接もいくつか入っているし、他でもっといい仕事が見つかりそうな感じです。

 

 

現在 iHerb Beauty Baty Personal Care が24% off中

いつも紹介しているシャンプーコンディショナーなんかも5ドル台です。

私のコード AJY5408 でさらに5% offになるはず

サイトはこちらです

 

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ