アメリカ San Diego でシンプルライフ

アメリカで、シンプルにお金をかけすぎず、毎日楽しく豊かな心で生活を送る方法を追求します。
訪れた素敵な場所、お得なお買い物情報、DIY等をご紹介したいです。
リブログはご自由にどうぞ。コメント、メッセージもお気軽にください。


テーマ:

ちょっとネガティブかもしれません。。嫌な方は読まないでね。

 

20代のころは自分も周りの同年代の友達も、体にいいとか悪いとか考えることなく、好きなもの食べれるだけ食べて、飲めるだけ飲んで、不規則な生活してました。

 

最近は、

 

この食べ物は体にいいだの、

 

やっぱり運動しないとだの、

 

このサプリとった方がいいだの、

 

健康を気にするようになり。

 

周りの話題もそういうことが増えてきたような。。。

 

10代、20代のころは親やその友達なんかがそういう話をしていても全く無関心でしたが、自分がそういう話を普通にしている今、年取ったなぁと思います。

 

 

体力もなくなったと感じるけど、不思議なのは体は昔より今の方が楽。

 

20代の時は冷えに、便秘に、頭痛に、肩こりに、20台でこんなにきついと30代40代になったらどんなになるんだろうと思ってました。

 

でもアメリカ来たおかげで、冷え性という言葉とは無縁(アメリカ人も寒い寒いというアメリカのオフィスで年中半袖です)、便秘も無縁だし、快腸だからか頭痛もなく、肩こりもほとんどない。

 

 

とはいえ、健康な生活をしているかと言えばそうではない。

 

砂糖の摂りすぎは体に良くないと分かっているけど、甘い物結構食べます。

 

御飯が、Trader Joe'sの冷凍食品のことも結構多い。。。

 

オーガニックばっかり買ってもいられないから、普通の果物や野菜も食べちゃう。

 

外食もけっこう行く。

 

運動は、毎日するのは犬の散歩位(もはや運動とも呼べない!?)

 

たまに、仕事の合間にゆるいヨガ。あくびしながらやってるし。

 

日本基準で言うとちょっと太り気味。

 

そうはいいつつ、健康にいいものの話するの好きです。でもね、人に自分の考えは強制しません。

 

 

 

日本人でも自分が何でも知っているかのように、これは絶対いいから、あれは絶対やめといた方とか指導してくる人、苦手ですけど、アメリカの勘違い健康志向で人のことにまで指導してくる人はすごいです。

 

 

身近な人の例。

 

若いときから太っていて、「昔ハイキングで細いトレイルを歩くの大変だったわ」っていう話になって、

 

「ああ太っているあなたには大変だったんだね」と言われると、

 

「妊娠してお腹が大きい私には大変だったの!」と太っていたこと認めない。というか妊婦が通れないって、普通の人もすれ違えないと思いますけど、そんなトレイル町中にあるんですか!?。。。

 

今は太っている(Fat)を通り越して肥満(Obese)ですけど、それでも100%は認めない。

 

普通に歩けないのですが、歩けないのは肥満だからというのを認めず、足が悪いからという。

 

糖尿病なのに、堂々とアイスクリーム食べる。(自分ではちょっと味見した程度ってことですが、普通に1スクープは食べてる。)

 

 

アメリカンな甘いAppple Cobblerをみんなで食べていて、

やっぱり甘いものは控えめにしないととかっていう話になると、「これには2つも体にいいものが入っている、リンゴとオートミール。体にいいのと」と言う。砂糖やバターや小麦等々には言及しない。

 

 

(歩けないので)数か月家から出ていなくて、久々に医者に行くのに久々に出かけて、医者帰りに買ってきたのはJack in the Boxのバーガー。

 

 

そんな感じで、別に自分が健康的な生活をしているという意識がないんであれば、そういう人いっぱいいると思うのでいいのですが、迷惑なのは、自分は健康で知識豊富で人にもいろいろ健康アドバイスしてくるところ。

 

 

小さい子が来て、「親の作った食事(野菜とかを含んだバランスの取れた食事)は食べないのに、私の作ったものは食べる(ピザやらパスタ)。」と自慢げにいい、さらに「こういうの(親の作った食事)は子供が食べるものじゃないんだから、ちゃんと子供が食べるものを与えないと」と指導してくる。

 

自分は歩けないので、彼女の旦那が庭仕事とか家の周りのこと全部やるのでめっちゃ外で作業するのですが(そのせいか旦那は太ってません)、その際に、旦那にソーダやジュース(ゲータレードとかね)をたくさん飲むように指導し、旦那が医者からこのままだった糖尿病になるという紙をもらってきたら、「飲ませないと脱水症状を起こすんだから。この医者何もわかっていない」と自分が医者より知っているかのような態度で、紙を破る。

 

私も私の旦那も、最近は甘いものや肉類を控えているのですが、いろいろ出してきて、食べなかったり少ししか食べないと、肉もたくさん食べないと元気が出ないしうつ病にもなるとか、いろいろ指導してきます。

 

もう面倒だから、最近は会う前に食べてきたふりしたり、半分話聞いてなかったりします。

 

ということで、人の振り見て我が振り直せで、自分はこういう風にならなないようにしないとと思います。

 

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

saveinamericaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。