高井戸 美しの湯

テーマ:
 
天然温泉で人気のこちらの施設。この日も繁盛していました。
普通のドライサウナ・普通の水風呂・良い雰囲気の外気浴・ナイスな蒸風呂・なにより近所、個人的には十分過ぎであります。
過去記事はこちら
 

http://utsukushi-yu.com

 

 

採点者 : サウニストヒモ

 

サウナ : 90℃表示 テレビあり 3段 広さそこそこ 湿度そこそこ 他に縄文釜風呂(蒸風呂)  7点

水風呂 : 18~19℃ 吹き出し多め 塩素感あり  5点

休憩 : 良い雰囲気の岩風呂露天 ベンチ&岩  7点

清潔感 : きれいにしている  7点

お風呂 : 天然温泉露天風呂 ジェット 週替わり湯(炭酸泉かシルキーバス)  7点

客層 : 平日20:00〜 客入りよく賑わっている  6点

営業時間 : 9:30~24:00

料金 : 平日900円+レンタルタオル170円

 

 

総評 : 過去記事のサウナ室の扉に関しては割と早々に改善されたんです。やっぱり皆さん気になっていたんでしょうね。
 
 
美しの湯にはマイフェイバリットの縄文釜風呂という蒸風呂がある。この日は強度の低いセッションで凝り固まったメンタルをじっくり時間を掛けて解こうと思い、蒸風呂メインで毒を抜いてまいりました。
蒸した空気に全身を晒して長めに胡座で坐る。BGMもなく静か、蒸気や汗と一緒に雑念も流れ出ているような気がしてきて気持ちいい。
 
脳みそが澄んできて2セット目も佳境に差し掛かった頃、「はあぁぁ〜っ、、」と大きなため息を断続的につき続けるおっさん出現。
けっこう大きい声で頻発するのでぼくも含め周りは明らかに不快そう。"やめろ、気づけ"と言わんばかりにため息をつき返すおっさんも登場、室内を不穏というか微妙な空気が漂う。
ここにピュアな学級委員長でも居れば直ちに事態の収拾に動いてくれたのだろうけど、残念ながらただのおっさん達が小部屋に全裸で集まって汗を掻いているだけの状況だ。
ジーザスな気分だったけどそこは「このおっさんは何かとてつもなくヒュージな不幸を背負っているに違いない。おっさんに幸あれ、アーメン。」と念じてカバー。どんな不幸かな、民進党の関係者かな、などとおっさんのバックボーンについてあれこれ想像して暫く楽しむ。
誰かが直接的に注意したところでそれはそれで別の微妙な空気が漂うし、そもそも不快だった時間が返って来るわけでもない、今日は運が悪かったと思って公衆の場での小事は状況を楽しみながら気持ちを作って弾くほうが早いし確実なんですよね。普段サウナで心身とも整えている人ならば簡単だと思うのでおすすめです。
ひとネタ頂いたことにして文句は後で面白おかしく誰かと笑えばいい。
とはいえ不快は無いほうがいいので、おっさんの幸せを祈りつつ今後2度とこのおっさんとは出遭いませんようにとサウナ神に願うばかりである。
 
 
外気浴を溺愛しているぼくとしては、岩風呂の露天は浴槽と休憩スペースがバランスよく置かれていて好きです。
岩に坐ってぼんやりしていると体が少し浮いているような感じというか、逆に岩と境が無くなって一体になる感じというか、とにかくディープリラックスがいらっしゃってそこからは最高のひと時。こういう感覚を味わう度に「肉体は広大で偏在することが可能」というヨガナンダ導師の教えが少しわかった気がしてナイスですね。
 
ため息のおっさんもセッション後半には無事退店したようで滞りなくセットを重ねて整うことが出来ました。サウナ神に感謝であります。
 
 
ととのう率 : 80%