その人の名前と写真だけしか知らなかった―「廉太郎ノオト」 | 企業法務担当者の書斎部屋

企業法務担当者の書斎部屋

読むとは、それにしても果てしないものだ。その読むこと、読んだことをこんなふうに綴ってみることも、またどうやら果てしない。(松岡正剛)

谷津矢車「廉太郎ノオト」(中央公論新社)

 

この写真と、「荒城の月」くらいしか知らなかった。

 

 

改めて見ると、眉目秀麗な青年である。

伝記によれば、運動神経も良かったらしい。

頭も良い。

音楽も得意。

もはやモテる要素しかない。

 

しかし、彼はわずか23年でその短い生涯を閉じる。

残酷な話である。

 

が、その残酷さはなるべく後まで引っ張られている。

それはそれで1つの大きなテーマがあると思うのだが、

読後の印象は、むしろ爽快感が残る青春小説だ。

 

筆者は時代小説を数多く著しており、

なぜ、明治時代の音楽家の人生を書いてみようと思ったのか、

いきさつは明らかではないが、

その描写力は素晴らしい。言葉から音色が見える。

 

眉目秀麗、モテる要素しかなかったと思われる青年だが、

トップクラスにはトップクラスの悩みがあった。

右手が弱いとか言われても、私には絶対に聴き取れない自信があるが、

主人公には決定的な悩みだった。

 

それを指摘するライバルとのヒリヒリとしたやり取り、

芸大のことなんか全くわからないが、

リアリティがすごくある。

調べてみると、廉太郎に絡む登場人物たちのほとんどは実在の人物であった。

人物描写や絡み方はもちろん筆者の創作だろうが、

ここまで明治時代のトップアーティストとの濃厚なやり取りは、

それだけでも羨ましく思う人は多いんじゃなかろうか。

ちなみに、「エール」に出演している柴咲コウもちょっとだけ出てくる。

 

お雇い外国人のケーベルにも認められ、

ヨーロッパへ、さらなる高みの頂を目指し、

歩み始めた矢先に、死病が襲う。

 

彼の死との向き合い方。

正解のない話であるが、いや、一つの正解であろう。

 

ちなみに、瀧廉太郎の遺作は「憾」という作品であるが、

そこには、憎しみの気持ちは込められていないという。