Locarno 記録

テーマ:
ツイッター公式アカウント
http://twitter.com/kuzoku_official
最新情報
http://www.saudade-movie.com/blog/news/
パブリシティ
http://www.saudade-movie.com/blog/activity/
-----------------------


プロデューサーの伊達浩太朗です。

ロカルノ国際映画祭での公式発行物などを載せます。

まずは地図です。

映画「サウダーヂ」のブログ-Locarno map01

映画「サウダーヂ」のブログ-Locarno map02

毎日発行される公式冊子に、『サウダーヂ』の記事が載っています。
8月11日号です。

映画「サウダーヂ」のブログ-Locarno 0811-01

映画「サウダーヂ」のブログ-Locarno 0811-02

公式ランチへの招待券。
8月12日の昼食でした。

$映画「サウダーヂ」のブログ-Locarno 0811-03

公式冊子(8月12日号)の表紙は、松本人志監督。

$映画「サウダーヂ」のブログ-Locarno 0812-01

『サウダーヂ』メンバーの写真が載っています。

$映画「サウダーヂ」のブログ-Locarno 0812-02

往年の大女優、Claudia Cardinale さん。
12日の公式ランチでもお見かけしました。

$映画「サウダーヂ」のブログ-Locarno 0812-03
プロデューサーの伊達浩太朗です。

フランスの「リベラシオン」紙に『サウダーヂ』のロカルノ出品について報じられました。


(転載開始)

http://www.liberation.fr/culture/01012354367-locarno-oublie-saudade

Locarno oublie «Saudade»

Bilan. Samedi, le palmarès suisse est passé à côté du film de Katsuya Tomita sur le malaise de la société japonaise.

Par PHILIPPE AZOURY Envoyé spécial à Locarno


Le 64e festival de Locarno avait commencé dans une langueur vaguement mondaine : une nuit d’orage, Abel Ferrara jouait de la guitare sèche dans une trattoria. Il s’est achevé samedi dans la fièvre d’un incident diplomatique : le producteur portugais Paolo Branco, président du jury, déclarant lors de la conférence de presse post-palmarès, avoir trouvé «fasciste»Vol spécial, docu suisse de Fernand Melgar sur la reconduite à la frontière des demandeurs d’asile. Stupéfaction helvétique, Fernand Melgar étant le documentariste qui monte. Melgar déclarait samedi soir vouloir attaquer Branco pour diffamation.

Mais sans doute paie-t-il là l’ambivalence de son approche : Melgar a l’habitude de poser sa caméra dans des centres de détention administrative, et d’y souligner les rapports qui se nouent entre flics humanistes, se vivant pour ainsi dire comme des travailleurs sociaux, et hommes et femmes voyant leur rêve d’un refuge en Suisse s’effondrer. Vol spécial capte-t-il la complexité d’une situation où l’humain reste tapi là malgré tout, ou bien montre-t-il le cynisme d’une administration qui expulse en toute politesse ? Dans son emportement, Branco se souvient sans doute des documentaires de Depardon (Urgences, par exemple) où il suffit d’un choix de cadre pour protéger le film de tout soupçon de démagogie.

Invisibles. Cela étant, on aurait préféré que le jury que Branco présidait se montrât tout aussi radical dans son choix du léopard d’or : hélas, la suprême récompense est revenue à Abrir puertas y ventanas, premier film de Milagros Mumenthaler, jeune réalisatrice suisso-argentine. Trois sœurs passent leur été à Buenos-Aires dans une grande maison familiale laissée vide par le décès de leur grand-mère. Tchekhovien mais sans mystère. Un choix qui ne reflète pas la richesse et l’intensité de cette édition, dirigée avec assurance par Olivier Père.

On peut surtout se demander comment le jury a pu passer à côté de Saudade, du Japonais Katsuya Tomita, 39 ans, inconnu jusqu’alors. Trois heures de cinéma en liberté comme on n’en voit plus. Présentant le film sur la scène du Fevi, le rappeur et acteur principal, Tsuyoshi Takano, improvisa un rap fustigeant les politiciens nippons traités de menteurs professionnels et dédiant son flow aux victimes de la double catastrophe du 11 mars. Le film, tourné bien avant mars, est le reflet d’une société japonaise malade mais qui n’a plus peur de défier ouvertement ses autorités. Saudade ne porte pas un titre en portugais par coquetterie. Il montre, à travers un récit qui suit trois ou quatre lignes de vie, le quotidien de Thaïlandais, de Coréens, de Japonais nés au Brésil, qui sont tous des invisibles dans la société japonaise, bossant sur des chantiers, dans des bars d’hôtesses ou qui sont rejetés de partout. Saudade filme aussi le désarroi de jeunes Japonais à qui on avait tout promis, qui se bouffent d’un coup la crise et ne savent en réponse que développer un discours xénophobe, accusant ceux qui n’ont aucune place dans leur société de vouloir prendre la leur.

Katsuya Tomita a tourné ce film en HD pour quelque chose comme 80 000 euros, sans demander un sou à qui que ce soit. Durant la semaine, il bossait sur un chantier, à Kofu, au centre du Japon, et le week-end, il tournait ce film dans ce même chantier. Comme jadis Opération béton, le premier film de Jean-Luc Godard. Mais c’est à Francisco Ferreira, excellent critique portugais de l’Expresso, qu’on doit la comparaison la plus éclairante : oui, Saudade est un film «kramérien» qui, comme Milestones au mitan des années 70, imagine son pays comme une sorte de bergerie accueillant tous les discours, même celui qui se trompe. Saudade est chantier identitaire où ceux qui creusent leur propre tombe rencontrent ceux qui s’enfoncent à la recherche de leurs propres fondations.

Fugue. Derrière la montagne Saudade, il y avait le parc Tokyo Koen, nouveau film de Shinji Aoyama (récompensé par le jury pour l’ensemble de son œuvre, à 46 ans !). Moins introverti que ses films précédents, Tokyo Koen est une sorte de faux film commercial que Shinji Aoyama fait débuter comme Blow Up (un parc, une femme, un photographe), et où se dessine un cercle de personnages qui ne voient plus les liens qui les unissent. Désenchanté, blessé et intelligent. Présenté hors compétition, le très beau Ninifuni, moyen métrage de Tetsuya Mariko (30 ans) montre, avec un sens du cadre qui rappelle les photos de Stephen Shore, une fugue désespérée sur les routes japonaises. Le silence meurtri du film ne dit qu’une chose : nous ne savons plus où aller. Une tristesse insulaire qui résonne plus fort encore depuis le 11 mars.

(転載ここまで)

プロデューサーの伊達浩太朗です。

フランスの「ルモンド」紙に『サウダーヂ』のロカルノ出品について報じられました。


(転載開始)

http://www.lemonde.fr/culture/article/2011/08/15/locarno-redevient-un-grand-festival-de-cinema_1559767_3246.html

Locarno redevient un grand festival de cinéma
| 15.08.11 | 17h02 • Mis à jour le 15.08.11 | 17h02

Locarno Envoyé spécial - La 64e édition du Festival du film de Locarno, qui s'est achevée samedi 13 août au soir après dix jours d'une heureuse effervescence, devra être marquée d'une pierre blanche. Elle concrétise à la fois le retour en grâce d'une manifestation qui se cherchait depuis quelques années et la réussite de son nouveau directeur artistique, Olivier Père, qui, après y avoir pris ses marques en 2010, confirme le bien-fondé de sa nomination. Né en 1971 à Marseille, cet élégant quadragénaire à l'éternel costume blanc est un cinéphile multicarte qui semble sorti d'une improbable coproduction entre Brian De Palma et Pascal Thomas.

Saisissante coïncidence

Formé à la Cinémathèque française, il avait déjà, de 2004 à 2009, transformé la Quinzaine des réalisateurs à Cannes en séduisante machine de guerre. Le changement d'échelle imposé par Locarno, la spécificité de cette manifestation sur la carte festivalière, ne rendaient pourtant pas sa tâche aisée. Pris en sandwich entre les festivals de Cannes (mai) et de Venise (début septembre), deux aspirateurs qui nettoient à fond l'excellence cinématographique mondiale, tenaillé par les diverses aires d'influence culturelle de la Confédération helvétique, Locarno est un festival délicat à gérer.

La stratégie adoptée par le nouveau délégué artistique a été payante. Redonner du lustre aux sections non compétitives de la manifestation avec le retour des blockbusters hollywoodiens sur la Piazza Grande (Super 8, Cow-boy et Envahisseurs...), l'appel aux vedettes (Abel Ferrara, Harrison Ford, Daniel Craig, Gérard Depardieu, Isabelle Huppert, Claudia Cardinale...), et l'enchantement cinéphilique (intégrale Vincente Minelli, en présence d'exégètes aussi pointus que Jean Douchet, Jacques Rancière, Emmanuel Burdeau...).

Mais Locarno n'oublie pas que le coeur du cinéma bat avec le monde, comme en a témoigné la saisissante coïncidence entre le film d'extraterrestres Attack the Block de Joe Cornish et les émeutes londoniennes, ou Hashoter de Nadav Lapid et le mouvement de protestation sociale israélien. Plus explicitement, Tahrir, de Stefano Savona, documente la révolution égyptienne.

Il s'agissait enfin de réduire la voilure des sections compétitives (vingt films en compétition internationale, quatorze à Cinéastes du présent), en expurgeant les films désastreux qui, par le passé, n'y étaient que pour faire nombre. Cette cure d'amincissement est, certes, l'aveu d'une faiblesse d'un festival qui ne peut lutter en termes de prestige contre ses concurrents cannois et vénitien. Mais elle est aussi un signe de clairvoyance, dès lors qu'y sont désormais retenus les films sinon les plus aboutis, du moins les plus honorables et parfois les plus risqués.

Fin d'été Il n'y a, pour cette raison, pas grand-chose à redire au palmarès établi par le jury dirigé par l'impétueux producteur Paulo Branco. Deux bons films y tirent notamment leur épingle du jeu, en raflant chacun deux Léopards. Abrir puertas y ventanas ("Ouvrir portes et fenêtres"), premier long-métrage de l'Argentine Milagros Mumenthaler et coproduction suisse, repart avec le Léopard d'or et le prix d'interprétation féminine décerné à Marie Canale. Sous influence de sa compatriote Lucrecia Martel, ce film met en scène, dans la déliquescence d'une fin d'été à Buenos Aires, trois soeurs qui cohabitent tant bien que mal après la mort de leur grand-mère dans la solitude de la maison familiale.

Din dragoste cu cele mai bune intentii ("Les Meilleures Intentions"), deuxième long-métrage du Roumain Adrian Sitaru, empoche pour sa part le prix de la mise en scène et de l'interprétation masculine attribué à l'excellent Bogdan Dumitrache. Ce dernier incarne dans ce film à la folie douce et noire un névropathe qui, en tentant d'améliorer le sort de sa mère hospitalisée dans un hôpital de province, provoque beaucoup plus de dégâts que de bienfaits.

On n'en repart pas moins avec deux regrets. Le premier tient à la conviction que la sélection française, forte cette année de quatre films, méritait beaucoup mieux que la mention spéciale décernée au magnifique Un amour de jeunesse, de Mia Hansen-Love. Le deuxième est l'absence au palmarès d'une révélation : Saudade, du Japonais Katsuya Tomita.

Le film, d'une liberté et d'une vitalité peu communes, évoque la tension, sur fond de joutes hip-hop, entre jeunes autochtones et immigrés (Nippo-Brésiliens, Thaïlandais) dans une bourgade en proie à la crise économique. C'est le troisième long-métrage de cet auteur, créateur d'un collectif indépendant, qui autoproduit ses films en exerçant la profession de chauffeur routier. Avis aux distributeurs.

Jacques Mandelbaum

(転載ここまで)

記録です: 日経に紹介記事が載りました

テーマ:
プロデューサーの伊達浩太朗です。

日本経済新聞で『サウダーヂ』のロカルノ出品が報じられました。


(転載開始)


甲府舞台の映画「サウダーヂ」、国際映画祭にノミネート

日本経済新聞
2011/7/16 3:05

 甲府の街並みを舞台にした自主製作映画「サウダーヂ」が、8月にスイスで開催される「ロカルノ国際映画祭」のコンペティション部門にノミネートされた。15日、サウダーヂの制作委員会スタッフが明らかにした。制作費が1500万円と低予算で、全国公開も決まっていない映画が評価されるのは異例。スタッフらは甲府の知名度向上につなげたいとしている。

 サウダーヂはポルトガル語で郷愁の意味。甲府市出身の富田克也監督が甲府を舞台に、空洞化する中心商店街に集まる派遣労働者や外国人労働者らの日常を描いた。ロカルノ国際映画祭のプロデューサーが富田監督の活動に以前から注目していたといい、その縁でノミネートが決まった。

 映画祭は8月3日~13日に開かれ、最終日にコンペティション部門のグランプリ(金豹賞)が決定する。同部門に日本映画はサウダーヂと青山真治監督の「東京公園」の2作品が出品される。

 サウダーヂは制作費のうち、500万円を甲府市民を中心とした寄付金でまかなった。8月27日、甲府市内の映画館で凱旋(がいせん)上映される。全国から映画ファンが訪れるとみられており、制作委のスタッフは「上映当日は、地方都市の中心市街地の活性化を考えるシンポジウムも企画したい」と話している。

(転載ここまで)
プロデューサーの伊達浩太朗です。

 swissinfoサイトに、ロカルノ国際映画祭(スイス)のアーティスティック・ディレクター、オリヴィエ・ピエール氏のインタビューがUPされました。
 聞き手は、里信邦子(さとのぶ くにこ)さんです。

【swissinfoは、スイス放送協会 ( SRG SSR idée suisse ) の一部門で、国外に生活するスイス人に本国スイスのニュースを伝える使命を持つほか、外国諸国の皆様にスイスをよりよく知っていただくために報道を行っています】


(以下、サイトより記事を転載)

http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=30688496&rss=true

「ロカルノ国際映画祭、松本人志監督など4人の日本人監督の作品がノミネート !」
2011-07-14 17:03

ベルンで7月13日行われた「第64回ロカルノ国際映画祭」の記者会見で、青山真治監督の「東京公園」と富田克也監督の「サウダーヂ」の「国際コンクール部門」へのノミネートが発表された。


 松本人志監督の「さや侍」が名誉ある「ピアツァ・グランデ部門」に選出されたことはすでに発表済みだったが、メインの「国際コンクール部門」にも日本から2本入ったことはこの日に知らされ、日本映画界にとって快挙のニュースとなった。

 また、コンペには入らないが、すでに名の知られた監督で優れた映画技術で制作された短・長編映画が選ばれる「コンペ外部門」に真利子哲也(まりこてつや)監督の「NINIFUNI」もノミネートされた。

 こうして日本の4人の監督の作品が選ばれ、さらに松本監督の場合は特集も組まれ「大日本人」、「しんぼる」が会期中同時上映される。

 「今年日本映画はロカルノでの存在感が強いが、それは選ばれるに値する高いレベルだからだ」と話す映画祭のアーティスティック・ディレクター、オリヴィエ・ピエール氏に日本作品の選考理由を聞いた。


swissinfo.ch:

 松本監督の「さや侍」が「ピアツァ・グランデ部門」に選ばれた理由は何でしょうか。

ペール:

 私は松本の大ファン。2007年に「大日本人」をヨーロッパに初めて紹介したのも私だった。松本と親しくなり、2作目「しんぼる」も観た。今年、松本が新しい映画を作っていると聞いて興味深々だった。でき上がった「さや侍」は素晴らしい。毎回彼の作品は新しい斬新なものだが、これも新しい実験、新たなチャレンジが行われており、驚くほどオリジナルだ。

 そのため、観てすぐにピアツァ・グランデで上映したいと提案した。同時に、過去2本の作品も特集に組み上映する。彼に敬意を表するため、また、ヨーロッパではあまり知られていないため、ぜひ紹介したかった。東京に行き松本にこれらを提案したら喜んでくれ、特にピアツァ・グランデの巨大な野外スクリーンと観客の規模に驚いていた。「さや侍」は日本で上映されはしたが、ロカルノではワールド・プレミアだ。

 松本の作品は毎回かなり違う。「大日本人」はSF的。「しんぼる」はシュールな超現実的なところがある。「さや侍」は若君を笑わせなければ切腹させられる侍の話。初めて松本本人が出演しないものだ。おかしくもまた悲しくとても感動する。

swissinfo.ch:

 「さや侍」は映画技術的に見ても、とても新しいと・・・

ペール:

 「さや侍」は、物語の語り方が非常にオリジナルだ。実はほかの2本の作品もシナリオがオリジナルで、伝統的なやり方とはまったく違う。松本は、たくさんの「発明」を行う監督だ。お蔭で映画界に多くの新風を吹き込んでくれる。

 とにかく3本とも実験的だ。「さや侍」はスケッチ風。テレビのスケッチ風番組から来ていると思うが。「しんぼる」は即興で作られながら撮影され、「大日本人」は幾つかの映画上のテクニック、偽りのドキュメンタリータッチやメロドラマなどがミックスされている。

 松本は、映画形式の実験を重ねているようだ。映画製作技術において、まったくコンプレックスを持っていない。それがいい。

 テレビの人間であり、役者であり、従って新しいものを沢山発明する。またほかの監督に影響を受けない。「影響を受ける」のは、本人のアイデアだけだ。


swissinfo.ch:

 青山監督と富田監督の作品の選考理由も聞かせていただけますか。

ペール:

 青山はすでに有名な現代映画監督。日本だけでなく、世界的にも重要な監督だ。新作「東京公園」は、大好きな作品。(ある女性を尾行し写真撮影するよう依頼された若いカメラマンの話だが)、今までのものとかなり違い、ある意味でクラシックで伝統的。

 撮影も丁寧で繊細な上、主人公の心理描写に優れている。今まで実験的でオリジナルな映画作りをやってきた青山が、今回のようなクラシックで清澄感漂う作品を発表したことは、非常に興味深い。

 一方、富田監督は高野貴子(撮影・編集)と数年前から一緒に制作し、2人の若者の共同制作という意味でも日本の新しい世代を形成する。青山の後に来る新しい世代だ。

 彼らの作品「サウダーヂ」だが、今までの日本映画とはまったく違う。ほとんど民族映画といってもよく、地方都市での日系ブラジル人のコミュニティを自然に撮影している。題名「サウダーヂ」も郷愁を意味するポルトガル語。さまざまな言語、文化が交錯し合い、それにラップの音楽が加わる。台湾や中国の映画を思わせるような斬新さがあり、今回「国際コンクール部門」に選考される価値のある作品だと思う。


swissinfo.ch:

 「サウダーヂ」の2人は日本の新しい世代ということですが、どうい意味で新しいのでしょうか。

ペール:

 制作の仕方がまったく新しい。2人の監督が共同し、わずかな製作費で作り、何の制約も受けず自由で独立している。また、すでに言ったように芸術的にも、今までの日本映画の伝統からまったく切り離されている。撮影の仕方も自由だ。こうした点で新しい世代だ。

 最後に真利子も新しい世代に属する監督だ。「NINIFUNI」は長さ42分の中編であるため残念ながらコンペには入れられなかったが、独自性がある。

 今年、日本映画は監督4人による上映作品数6本とロカルノでの存在感が強いが、選ばれるに値する高いレベルだ。


(転載、ここまで)

記録です: 批評 梅本洋一 氏

テーマ:
プロデューサーの伊達浩太朗です。

「NOBODYMAG」の「週刊平凡 梅本洋一」サイトに、評論家の梅本洋一氏の批評がUPされました。


(以下、サイトより記事を転載)

http://www.nobodymag.com/heibon/?q=node/79

「日本映画の風景をめぐる状況について」

梅本洋一
2011年7月6日


 3.11以降の日本映画。たとえ、それらが3.11以前に撮影されたにせよ、3.11を体験したぼくらの眼差しは、それらを同じものとして捉えてくれない。イーストウッドの『ヒアアフター』が何かの前兆のように公開され、3.11という重要な日付を過ぎ、次第に3.11をめぐる様々な映像がぼくらの視界に入ってくる。真っ黒い壁のような津波が仙台空港を襲う映像、まるで大空襲後の東京のような、原爆後の広島のような三陸地区の市町村、そして、建屋が吹き飛ばされ白い蒸気を上げ続ける福島原発。それらは映画を越えた事実でしかない。事実が映画を越えてしまったとき、それが撮影された時刻に関係なく、映画は「事後」の相貌を見せ始める。惨劇の後、惨劇の模様ではなく、惨劇の後という意味においての「事後」。たとえばセルジュ・ダネーならば、アウシュヴィッツ以降の映画、つまり『夜と霧』以降の、『ヒロシマ・モナムール』以降の映画と言った。映画には、確実に「事前」と「渦中」と「事後」が存在する。

 おそらく「日本映画」を包む風景は、3.11以前から崩壊を始めていた。地方都市のシャッター・ストリート化、「16号線的風景」、「ファストフード化」……。その崩壊にさまざまな言葉が与えられてきたにすぎない。シャッター・ストリート化の反対物として、都心の高層化があり、「ヒルズ」的なものや、ショッピングモールがあるのだろう。だが、それらは決して崩壊の反対物ではなくて、スカイラインが奇麗に揃っていた銀座に、先回扱った松坂屋の跡地にビルが建ったり、統一感のあった表参道の同潤会アパート群の後に表参道ヒルズができたりすることは、やはり何かの崩壊と同義語なのだ。日本のどの場所でもよいが、映画を撮ろうすれば、否応なしにその「崩壊」と関わらざるを得ないことになる。

 そして、「崩壊」の風景が、「事後」の風景として決定的なまでに定着しているのは、東京からさほど離れていない千葉、そして山梨という地名を持つかも知れない。真利子哲也の新作『NINIFUNI』が見せる外房の海岸、あるいは空族の『サウダーヂ』の山梨の風景は、その何もなさにおいて、あるいは、その空白性において、明らかに「崩壊」であり、「事後」の風景そのものだった。ベストセラー漫画を原作にしたフィルムや、ライトノベルの映画化とは別に──つまり、マーケティングの原則のみに則った映画とは別に、現在の日本の風景と誠実に接することで映画を撮ろうすれば、この「崩壊」の「事後」の風景はぜったいに映ってしまうし、その風景を背景に人物を立たせることなしに、現在の日本で映画など成立するはずはない。

 だが、「事後」の風景が見せる「何もなさ」に伴う、どこまでも抜けのよい風景の中にいる登場人物たちが背負っている関係性は、その抜けのよさとは正反対に、絶対的に閉塞している。豊かで多彩な出会いをいくつも経験できる人間関係は、その風景の中で欠落している。共に暮らしていても、蓋tりの間には決定的な行き違いがあり、「何もない」風景の彼方にクルマを走らせても、その果てに街があるわけではなく、そののっぺりした何もなさは永遠に続いていくようだ。人と人が出会うことさえ不可能なほどに「何もない」「誰もいない」風景の中で、登場人物たちが途方に暮れている。あるいは、出会いなどあっさり諦めて、言葉もなくクルマを走らせるだけだ。それぞれの街が持っている固有名の重さはどうでもよいものになり、地名の持っていた単一性も唯一性の必然ではなくなる。陸地とか海岸とか一般的な名詞しか持たない地ばかりが風景を構成するようになり、固有名の必然は消滅する。気仙沼も宮古も釜石も同じだ。そこは「事後」の世界がどこまでも広がっている海岸に過ぎない。

 小津安二郎の北鎌倉、成瀬巳喜男の柳橋、川島雄三の品川──日本映画の黄金時代を形成した映画作家たちは、決まって固有名のある場所を描いたものだ。彼らの土地への執着こそ、彼らの映画を成立させるエンジンだったと言ってもいい。ぼくらは、横須賀線の北鎌倉を通ると『晩春』を思いだし、浅草橋駅の陸橋を総武線が通ると、ここの駅で下車した田中絹代とともに『流れる』を思いだし、山手線が五反田から品川へと右に大きくカーヴを切るとき『幕末太陽伝』の冒頭を思い出したものだ。だが事後の世界には、そうした特権的な固有名と豊かに戯れる映画が生まれることが不可能になった。

 思い出してみれば、すでに今世紀に入った直後、「小説家」青山真治は、そうした「何もない風景」なくしては創造することのできない小説『死の谷95』を発表していた。東京と海を隔てた千葉県の「何もない風景」がこの絶望的な小説のエンジンだった。聞けば、もともとこの小説は映画のシナリオとして記されたものだという。『東京公園』で「まっすぐに人を見つめる」ことで、希薄化され続けた他者との関係性をもう一度結び直す決死の行動は、そのフィルムのためにだけ実現されたわけではない。いくつもの迂回路を経て、いくつもの断絶や、いくつもの絶望を経て、ようやくたどり着いた行動だったことになる。三浦春馬が住んでいる日本家屋から、彼が井川遙を追う公園までどうやってたどり着いたかは分からない。彼と小西真奈美が歩く夜の公園まで、ふたりがどんな経路を辿ったかは分からない。だが、その途中には、いつ果てるとも知れない「何もない風景」が広がっていたことはまちがいない。その間にある風景は、『NINIFUNI』の宮崎将がクルマの中から見つめていた誰もいない荒れ果てた海岸だったかもしれない。

 日本映画は極めて困難な場所にあると言わなければならない。困難な場所にある、とは、「シネコンが映画を殺す!」といった意味のない常套句の中に収まるような経済的な困難ではない。経済的には、日本での映画のシャアとしては、日本映画が外国映画を凌駕しているのだから、むしろ日本映画は好況とさえ言えるかもしれない。困難な場所とは、文字通りの、場所、つまり、日本映画が撮影しなければならない日本という場所の困難さだ。ヒットする日本映画は、宮崎アニメだったり、ミリオンセラーのマンガやライトノベルが原作だったり、いずれも「何もない風景」や「誰もない風景」と無関係に成立するものが多い。もし映画作家が誠実に自らの周囲に展開する、3.11以降、宮古や気仙沼のような「何もない風景」に眼差しを向けるとしたら、そこには人と人が関係を結ぶことさえ困難な場所を見つめるしかない。多くの人々は、そうした風景から目を背け、そうした風景があることを知りつつ見ないふりをしようとして映画館に逃げ込んでいるのかも知れない。最近の、野心的で、しかも誠実でもある映画作品は、人々があえて目を逸らそうとするそうした風景を意思として見つめることを選んでいる。

(転載、ここまで)

お知らせ ブログ・ツイッター が移転します

テーマ:
プロデューサーの伊達浩太朗です。


映画『サウダーヂ』のツイッター公式アカウントが、変更になりました。
(2011/6/22から)

http://twitter.com/kuzoku_official



また、映画『サウダーヂ』のHPがリニューアルされました。

http://www.saudade-movie.com/

それに伴い、ブログ的な機能が、HPのなかに移動します。


最新情報
http://www.saudade-movie.com/blog/news/

ブログ
http://www.saudade-movie.com/blog/activity/


今後とも宜しくお願い致します。

私は映画『サウダーヂ』に何を求めたか

テーマ:
プロデューサーの伊達浩太朗です。

以下、『サウダーヂ』を見ての、私なりの感想です。



----------------------------------------

私は映画『サウダーヂ』に何を求めたか
   ---棄民、移民、異国。東京と地方---


映画『サウダーヂ』を観た。
製作を始めてから何年だろう。そういうことが曖昧になるくらい、長かった気がする。

私は当初、この映画にかかわる気はなかった。
日本に来ている移民は、自らが望んで自発的に来た存在なのだろうと思っていたからだ。

1990年の日本の入管法(出入国管理及び難民認定法)の改正で、ブラジルの日系3世までに就労可能な法的地位が与えられ、日系人の入国は飛躍的に増えた。
実は、バブル経済という好況の中、日本の財界からの強い要望が背景にあった。
その結果、ブラジル・サンパウロに日本の派遣会社が支店を出し、競うように日系ブラジル人を日本に連れてきた。

そのことを知り、私は映画『サウダーヂ』の製作に協力しようと思った。

日系ブラジル人、タイ人、フィリピン人……。日本には多くの移民がいる。
彼らは日本に誘引され、日本で働き、結婚し、子供を育て、そして今この国に棄てられようとしている。

この映画を観ると、日本が民衆に何をしてきたかが透けて見えてくる。
棄民として南米へ放り投げた、かつての日系移民。代表的には日系ブラジル人への態度・扱いなのだが、棄民政策だけでなく、この国の民衆への本音が見えてくる。

日本企業の勝手な都合で誘引され、日本に戻ってきた日系ブラジル人。
食べるために日本に渡ってきた、アジアからの移民。
それだけではない。この国に打ち捨てられた若者(日本人)にとっても、日本は異国だ。

映画『サウダーヂ』を観て、はっきり分かった。
この国は、誰にとっても異国なのだ。

そして、彼らに日本を異国と感じさせるのは、日本の体制、制度、権力、企業だけではない。
この国に定着できている日本人も、執拗に彼らを差別する。
差別する側だけが定着できている。居場所がある。


日本の地方(山梨)を描くこの映画は、この国の将来を予見している。
富田克也監督は、執拗に山梨にこだわる。彼の目線は東京には向かわない。

かつて、日本の田舎は「いつかは東京と同じになる」という夢を見た。
田中角栄、日本列島改造論、高度成長期、バブル経済。
いつか地方は東京と同じになるはずだった。
この夢が覚めないうちは、東京を描けば、日本を描いたことになった。

しかしその夢は破れた。
地方都市は寂れ、シャッター通りに人影はない。
都会と地方の2重構造は固定化し、地方は地方のままである。
現在においては、繁栄する東京が例外なのであり、地方が日本の標準になりつつある。


この映画の描く結末(エンディング)には、様々な意見、見方があろうだろう。
だが、映画は映画であり、それ以上でもそれ以下でもない。

この国の現状を直視し、この国の行く末を考える。
それは映画に求めるべきものではなく、この映画を観た人が自らの営みとして行うべきものなのだ。


2011年6月25日
映画『サウダーヂ』プロデューサー
伊達浩太朗

記録です: 批評 結城秀勇 氏

テーマ:
プロデューサーの伊達浩太朗です。

映画専門誌「nobody」の、サイトに記事がUPされました。


(以下、サイトより記事を転載)

http://www.nobodymag.com/journal/archives/2011/0625_1932.php

『サウダーヂ』富田克也

June 25, 2011
結城秀勇

 昼休憩の時間が終わりに近づき、味噌ラーメンを食い終えたふたりの男は冷房の効いたラーメン屋を出る。その戸口で彼らは、呼吸と共に急激に襲いかかる熱気にむせかえるようにしながら、大きく伸びをする。そして、「こんな日に仕事しちゃだめっすよねえ」。

 ただそれだけのことで、その暑さを理解する。山梨の夏がどんなものかは知らないし、その暑さの中での肉体労働の経験があるわけでもない。でもなんとなく、生まれ育った地方の盆地特有の暑さを想像し、もしかしていまもこんなふうに、その熱気の中で汗水流して働いていた自分もあり得たのではないかと想像する。それは単に、知識や経験の共有からくる共感や好意とも違う気もするし、郷愁みたいなことともちょっと違う。こうでもあり得たのにそうはならなかった、そんな自分の姿がそこにあるような気がする。ポルトガル語はまったくわからないが、もしかして「サウダーヂ」という言葉にはそんなニュアンスがあったりするだろうか。

 妻がいながらタイパブの女の子ミャオに入れ上げている精司(鷹野毅)と、かつてタイに暮らしていたというどこか謎めいたビン(伊藤仁)。そこに地元で人気の出てきたHIPHOPグループ「アーミーヴィレッジ」を率いる天野(田我流)やブラジル移民、怪しげな水を売りさばく団体などが複雑に絡み合うこの作品のストーリーを簡単に説明することなど出来ないが、逆にここにあるのは一言でまとめることなどとても不可能なスケールのでかさそのものだ、と言ってもいい。

 日の出と共に働き出し、日が暮れて家に帰る。そんなシンプルな労働の姿の裏側で、不穏な噂が登場人物たちの背景を次第次第に覆っていく。世間話のレベルで広がっていく不況のイメージ。あるいは他愛もない口コミの噂のようにして販売網を広げていく怪しげな水。そこでは噂や世間話といったものが、ほとんど神話や民間伝承のように機能し、そこにいる者を縛り付け、動かす。土を掘り返して地球の反対側まで行けばブラジルだ、そんな半ば冗談のような台詞さえも、まったく根拠のないことではない。ここは少し地面を掘り返せば、人種や階級による区別などすぐ入り交じってしまうような場所だ。甲州弁もポルトガル語もタイ語もラップも、それぞれのリズムと韻を持ちながらひとつの場所で混じり合う。そこはただすべてが等価でフラットな空間なのではない。ひとつひとつは他愛もなく、均等に存在しているかのような情報が、濃度を変え、淀み、凝り固まったとき、そこに住む者たちの行動はそれらに支配されている。

 こんなことを書くと、フラットな経済システムとは違うやり方で、不均等な濃度の情報によってこそ高まる期待の中で新作を世に放とうという、まさにいまの空族を取り巻く状況そのもののようでおもしろいが、それも当然かもしれない。『サウダーヂ』に映っているのはやはりいま私たちが住むこの社会のひとつの姿に他ならないからだ。同僚や家族のような身近な人間よりも、ミャオやタイに住んだことのあるビンの方が「懐かしい感じがする」と精司は語る。その感じを、この映画を見る観客はそれぞれに得るだろう。それは私にとって「暑さ」というかたちを取ったが、おそらく見る者ひとりひとりに応じたまったく違う変幻自在のかたちとして、あらゆる観客に与えられるもののはずだ。

(転載、ここまで)

2011.6.25(土)~ 空族3作品をセレクト上映!

テーマ:
プロデューサーの伊達浩太朗です。

 爆音映画祭での映画『サウダーヂ』のワールド・プレミア上映を前後して、空族の映画の特集が行われます。
 爆音映画祭 theater2 での上映です。

http://www.bakuon-bb.net/2011/schedule.php


------------------------------------

空族の夜

 『かたびら街』と『国道20号線』。それぞれ、2003年、2007年の状況を映し出した作品ですが、時の移り変わりと地方と都市、そして『サウダーヂ』の現在へ。
 最新作『サウダーヂ』を、より深く面白く観て頂く為に、「空族の夜」を三夜ご用意致しました。


空族の夜1 6/25(土)21:15~

『マニラ・ナイト RAP IN TONDO』

 東南アジア最大のスラムと言われるマニラのトンド地区。
 抗争を繰り返してきたギャングたちに『サウダーヂ』主演のstillichimiyaがHIPHOPの秘技を伝授する!
 そのワークショップに空族が乗り込み密着。
 今回は撮りたてホヤホヤの現地映像を観ながら、空族&stillichimiyaがアジアのHIPHOPシーンの現状を緊急報告!ドキュメンタリー映画として完成以前の貴重な一部素材を、上映に先駆けてお観せします!

ゲスト:stillichimiya
司会:空族


空族の夜2 6/27(月) 21:15~

『かたびら街』

 空族の活動開始時『雲の上』と共に7ヵ月間に渡る自主上映以来、なかなか上映機会のなかった作品。
 「メシ食うために働く?仕事は人を殺すぜ?」
 世界を覆う不況、かつて四天王と呼ばれた元暴走族達のその後。祭りの後には労働が待っていた!
 本作品以来、脚本でコンビを組むようになった相澤と富田。『国道20号線』の世界観の源流がここに!
 いまや文筆家としての活躍目覚しい五所純子の歌う、ルースターズの名曲『ヘイ・ガール』も必聴です 。

2003年 8mm/50分 監督:相澤虎之助 出演:安田豊久 井川拓 富田克也 鳥肌実


空族の夜3 6/30(木) 21:15~

『国道20号線』

 爆音映画祭史上最大の爆音を叩き出した族車の直管エキゾースト!
 今年は爆音ではありませんが久しぶりに上映いたします!
 空族と言えば『国道20号線』。東京の中心から地方都市へとつながる国道沿いはドンキ、パチンコ、ATMの立ち並ぶ現代日本デジャヴ街道。
 進んでいるのか戻っているのか、不気味なネオンの奥の闇…その眼でとくとご覧あれ!
 「狂気と隣り合わせの日常?そうじゃねえ、日常が狂ってんだ!」のキャッチコピーに乗せて世に放った問題作。

2007年 / 16mm → DV / 77分 監督:富田克也 出演:伊藤仁 りみ 鷹野毅