今度はフィンガーピッキング時の右手の遊び方の例です。

・アルペジオタメピッキング
先の右手の遊び方~(ピック編)~タメピッキングと言う技をご紹介しました。今度はそのタメピッキングのフィンガーピッキングバージョンです。

動画)フィンガータメピッキングサンプル(作成中)

まずはフィンガーピッキングの基本フォームGコードで構えてみて下さい。
次に、上の指から順にピッキングをしていきます。端的に言うとこれを早くやるだけとなります(勿論練習法はご紹介します)。

練習法
①人さし指から薬指までの3本の指を、写真の様に重ねます

人さし指の上半分に中指、その上半分に薬指と言う風に斜めに重なっていますね。
②重ねた指を、人さし指を曲げる動きで折りたたんで行きます。残りの指は人さし指にくっついて勝手に曲がっていくイメージです。

フィンガーピッキングの基本フォームに戻って、3本の指をセットしたら②と同じ動きをします。成功すると、3本の弦が「ジャララ~」という風になります。
④最後に、親指ピッキング→③の動き と言う風にやる事で4本の弦をタメピッキングする事が出来ます。

・ベースワーク
次はベースの動きをフレーズに付け加えてみましょう。
まずは下のフレーズをフィンガーピッキングで弾いてみましょう。



良くある16ビートのアルペジオフレーズですね。ここにベースワークを足してみましょう。


動画)フィンガーピッキングフレーズ16ビート(ベースワーク)(作成中)

赤字の所が、変更したベースワークの所です。
いかがでしょうか。親指の動きを少し足しただけで、ベースの動きが聴こえやすくなりますね。
このフレーズの様にコード切り替えの直前ルート音やその付近の音を付け足す事で、ベースの動きを織り交ぜたフレーズにすることが出来ます。
フィンガーピッキングの際はこの様にするとオシャレなフレーズに出来るので、ぜひ練習してマスターしてみて下さい。

一人で修得するのが大変だと言う方は、ぜひ一度当スクールの体験レッスンにお越し下さい。

当スクールの体験レッスンはこちらをクリック。

ぜひ一緒にギターを練習して、スキルアップして行きましょう。
 
 
 
 
| 1回60分 ¥4,000から始められる、千葉県柏の音楽レッスン♪ |

|SAUCER OF THE SOUND Music School スクールホームページ