ストローク弾きの演奏において、上手さを決める大きな要素の1つとしてピッキングのスピードピックの角度が挙げられます。
ここでは、そう言った細かい右手の使い方について紹介していきたいと思います。

 

ピックの角度について①
まずはピックの寝かたについてです。
ピックは基本的に弦に対して真っ直ぐに当たるのが望ましいですが、ストロークをしているとピックの角度がズレやすいです。
一旦ピックを6弦にあてがってみて下さい。この時、6弦に対して上/下から当てず、水平に当てられるように意識してみてください。

 

悪い例

 

良い例

上の写真の良い例のような角度で当てたら、そのままダウンピッキングをしてみて下さい。

上の写真のように右手が前に逸れていきませんか?
もし逸れていかなかった方は、すでにこのセクションの内容はバッチリだと思って結構です。下の「ピックの角度について②」に進んでください。


前に逸れてしまった方は、高音弦に対してしっかり力が伝わっていない方です。
そのためストロークをした際全弦をバランス良く鳴らすことができず、ギターの音を活かしきれなくなってしまいます。

前に逸れないようにする方法

それでは、前に逸れないようにする練習をしてみましょう。
まずは先程と同様6弦にピックを水平に当てがいます。
次にダウンストロークで弦をかき鳴らしますが、この時下の写真の様にサウンドホールの下にあるピックガードにピックをこすりつけるつもりでピッキングしましょう。


そうすると、ピッキングの途中も弦からピックが逸れることなく弾く事ができると思います。

出来ましたか?今度はアップピッキングです。


これも同じように今度は1弦下からピックを水平に当てがいます。
そうしたら、サウンドホールのにピックをこすりつけるイメージでアップピッキングをしていきましょう。
今度もピックが弦から逸れずにアップピッキングが出来ましたね。

この様に、ピッキング中に弦からピックが逸れないように意識しながらストロークするだけで、ギターの音がかなり変わってきます。


上の二つが出来たら
・オルタネイトピッキング
・8ビートストローク
・16ビートストローク

でもそれぞれ練習してみましょう。

 

ピックの角度について②
次はピックの横軸での角度です。
ストローク中によくピックがズレてきてしまう人は、この内容が出来ていない事が多いです。

まずは上のピックの角度について①と同じく、6弦にピックの先端が弦に対して垂直になるようにピックを当てがってからダウンストロークをしてみて下さい。
ピッキングをした後、下の写真の様にピックが斜めになっていませんか?

この様になる方は、ピッキング中に手首の角度が変わってしまいピックが斜めに逸れてしまう方です。
こうなるとピックにかかる力が不安定になりピックがズレやすかったり、ストロークの音がか細くなってしまったりします。

斜めにならないようにする方法

それでは、斜めにならないようにする練習をしてみましょう。
まずは先程と同様6弦にピックを垂直に当てがいます。
このままダウンピッキングをするのですが、普通にピッキングをすると右手は円を描くように斜めに進んでいきます。
これがピックが斜めになってしまう原因なので、ピックが真下に向かうようにイメージしながらピッキングをします。

 

悪い例

 

良い例

上の良い例のような軌道でピッキングが出来るように意識しましょう。
出来ましたか?出来たらそのまま
・オルタネイトピッキング
・8ビートストローク
・16ビートストローク

でも出来るように練習していきましょう。

いかがでしょうか、以上の二点を意識してストロークするだけでも、ギターの音は変わってきます。
ちょっとした事なので癖付けるのは大変ですが、意識しなくても出来るようになるまで練習していきましょう。

 

 

 

| 1回60分 ¥4,000から始められる、千葉県柏の音楽レッスン♪ |

|SAUCER OF THE SOUND Music School スクールホームページ