先程のセクションで、カッティングと言う奏法を紹介しました。
今回は、コードでのカッティングではなくシングルノート(単音)でのカッティングである単音カッティングをご紹介します。

 

単音カッティングとは

まずは単音カッティングとはどういったものなのか、動画でご覧ください。

 

動画)単音カッティング(作成中)

 

いかがでしょうか。先程のカッティングが、単音フレーズでもされているかと思います。
動画の様に、左手でミュートをする事で押さえた場所以外の弦を鳴らさないで、ブラッシングと単音フレーズを同時に弾く事を単音カッティングと言います。

 

単音カッティングのやり方

早速単音カッティングを練習してみましょう。
まずは単音カッティングの基本である左手のミュートです。3つのステップに分けて習得しましょう。

 

6弦5フレット人差し指で押さえて下さい。
次に人さし指の腹5~1弦軽く触って下さい。そのまま鳴らすと5弦以下は開放になってしまいますが、こうする事で6弦以外はブラッシングになります。
最後に全弦をピッキングして下さい。6弦だけ鳴らせれば成功です。

 

4弦7フレット人さし指で押さえて下さい。次に①と同様3~1弦は人さし指の腹でミュートします。
その後、空いている中指や薬指を使って5・6弦をミュートして下さい。そのままピッキングして、4弦だけ鳴らせれば成功です。

 

③最後は同じく4弦7フレットを、今度は薬指で押さえて下さい。
今度は空いている人さし指中指で、1~6弦をまとめてミュートします。
この時、人さし指や中指は押弦している所よりヘッド側の場所でミュートしましょう。
そうする事で、押弦している所だけ鳴らすことが出来ます。

 

上記の様に
・人さし指で押弦している場合
人さし指よりの弦は人さし指の腹でミュート
人さし指よりの弦は中指や薬指でミュート

・人さし指以外で押弦している場合
→押弦している所よりヘッド側を、人さし指や中指で全弦ミュート

と言う風にすることで単音カッティングをやっていきます。

 

単音カッティングは出来たでしょうか。
最後に、冒頭の紹介動画のフレーズを練習してみましょう。

先程の①~③を組み合わせる事で、演奏する事が出来るはずです。

単音カッティングは奏法自体がカッコイイ物ではありますが、それとは別にギターの基本であるミュートの技術をグッと引き上げる事が出来ます。
上手なギタリストであればあるほどミュートが上手いので、更なるステップアップを目指す際には必須の技術となります。

 

一人だと難しいと言う方は、ぜひ一度当スクールの体験レッスンにお越し下さい。

当スクールの体験レッスンはこちらをクリック

ぜひ一緒にギターを練習して、スキルアップして行きましょう。

 

 

| 1回60分 ¥4,000から始められる、千葉県柏の音楽レッスン♪ | 

|SAUCER OF THE SOUND Music School スクールホームページ