パワーコードについて

テーマ:
エレキギターの演奏で、必ずと言って良い程必要になるものがパワーコードと言うものです。
2(3)本のみを弾き、どのコードネームの時でも押さえ方が全く同じと言う簡単コード、エレキギターを覚えるにあたって真っ先に使えるようにしましょう。

パワーコードのフォーム

パワーコードのフォームは下図の通りです。
TABパワーコード

上の弦から順に人さし指・薬指(・小指)で押さえていきます。
ポジションは、人さし指が6弦に来るパターンと5弦に来るパターンがありますが、フォームはどちらも変わりません
また、人さし指が5弦に来るパターンの場合、6弦をミュートして鳴らさなくする必要がありますが、これは空いている中指を使って行ないます。


パワーコードの使い方

先程のパワーコードは押さえられたでしょうか。次に、このパワーコードをフレーズで使っていきたいと思います。
パワーコードは、ルート音(人さし指で押さえている所)の位置を以下の表の位置にすることにより、それぞれ対応するコードを演奏する事が出来ます。

TABパワーコードポジション用
(例:Dコードを弾きたい場合、人さし指が6弦10フレットor5弦5フレットに来るように押さえる)

それでは実際のフレーズでやってみましょう。
まずはこちらのフレーズをパワーコードで演奏していきます。


この場合、人さし指の位置が
【Cコード】5弦3フレット→【Dコード】5弦5フレット→【Gコード】3弦3フレット
となる様にコードを押さえていきます。
あとはダウンストロークで弾いて行くだけ、これで1フレーズ完成です。

次にこちらのフレーズを弾いて行きましょう。


上記のようなマイナーコードが出てきても、先程と同じフォームで大丈夫です。
マイナーコードの場合、そのコードの頭文字を見て対応するポジションを押さえましょう。
【Amコード】6弦5フレット→【Bmコード】6弦7フレット→【Emコード】5弦7フレット
となります。これでマイナーフレーズも完成です。

パワーコードの使い方はマスター出来たでしょうか。何度も言う様に、パワーコードはエレキギターの基本になります。
しっかり練習して、優先的にマスターしていきましょう。


| 1回60分 ¥4,000から始められる、千葉県柏の音楽レッスン♪ |
|SAUCER OF THE SOUND Music School スクールホームページ