「初心者の壁」と呼ばれるFコード、ギターを途中で挫折してしまう人の大半がこのFコードで躓いてしまうほど苦労しやすいものです。
ここでは、出来るだけ早くFコードが攻略できるように、Fコードのコツをまとめて行きます。

まずはFコードの押さえ方です
TABF
Fコード写真

このようなコードがFコードです。特徴はなんと言っても人差し指です
人差し指を伸ばして1~6弦全てを押さえて鳴らす事(バレー/セーハ と言います)が今までのコードと大きく違い、またこれが非常に難しく(音が鳴りづらい)躓きやすいポイントとなっています。

Fコード攻略に関して、二つのポイントに絞って解説していきます。
①人差し指以外の3本の押弦
まずは先ほどのFコードのうち、バレーしている人差し指を除いた3本を押弦してみましょう。
上から
・薬指で5弦3フレット
・小指で4弦3フレット
・中指で3弦2フレット
ですね。この時人差し指は伸ばしたまま空中待機しておきます。

この3本に関しては通常のオープンコード(バレーをしないコードの事)と同様の意識で音が鳴るはずです。
しっかり指を立てて押さえましょう。
また、この3本は人差し指でバレーをした時に力が抜けたりフォームが崩れたりして音が鳴らなくなることが多いので要注意です。

②人差し指でのバレー
こっちが本題、難関ですね。
まずは①の3本は押さえたまま、1フレットに人差し指を軽く当ててみましょう。
その時に、人差し指が出来るだけまっすぐ伸びているように意識します(多少反り返るくらいでOK)
そのまま親指を、ちょうど中指と人差し指の間に来るようにネックの反対側にセットします。
そのまま人差し指を押弦するのですが、指先で6弦を、人差し指の第二関節で1・2弦を押さえるつもりで押弦すると音が鳴りやすいです。
ここまでで音が鳴ったら大ラッキー、もしならなければ、一旦上から1本ずつ鳴らしてみましょう。
5・4・3弦がならない場合は、人差し指以外の力が入っていないかフォーム崩れが原因です。指がキチンと立っているか確認して、改めて押弦し直しましょう。
6・2・1弦がならない場合(こっちの方が多い)は、人差し指のバレーに手こずっています。
親指の位置は問題ないか、人差し指はまっすぐか、位置はフレットのヘッド寄りになっていないか、確認してみてください。
それでも鳴らない場合は、フォームはそのまま下図の様に右手を使って人差し指を押し付けてみましょう。

Fコード右手押さえ写真


こうする事で自分の押さえが甘い場所がわかります。
人差し指に弦6本が食い込む感覚を覚えれば、音が鳴りやすくなります。
また、最初はテコの原理を使って人差し指を押し付けるイメージでやると音が鳴りやすいです。合わせて意識してみて下さい。

いかがでしょうか、無事Fコードは鳴りましたか?
Fコードは独学でやるとそれだけで2ヶ月かかるとまで言われているコードです。ポイントをしっかり押さえて、出来るだけ早く攻略しましょう。

もしこのコンテンツを見ても難しい場合、ぜひ一度当スクールの体験レッスンにお越し下さい。

当スクールの体験レッスンはこちらをクリック

一緒にFコードを攻略して行きましょう。


| 1回60分 ¥4,000から始められる、千葉県柏の音楽レッスン♪ |
|SAUCER OF THE SOUND Music School スクールホームページ