右手で弦を弾く(ストロークする)時、上から下に弾き下ろす事をダウンピッキング下から上にかき上げる事をアップピッキングと呼びます。
まずはそれぞれのピッキングに慣れるために、片方ずつを連続して練習してみましょう。
また、ピッキングをする位置は、サウンドホールの中心から少しブリッジ寄りの所が良いと言われています。
あまり極端に気を付ける必要はありませんが、頭の片隅に覚えておいてください。

ダウンピッキングの練習

ダウンピッキングは右手の基本になります、しっかりマスターしましょう。
まずは6弦(1番上の弦)の上にピックをあてがい、そのまま1弦(1番下の弦)に向かって真っすぐ下ろしていきます。
その時に、右手が体の正面方向に向かって逸れていきやすいので注意しましょう。

次に、同じようにピックを6弦にあてがったら、助走をつけるように少し上に振り上げてから1弦に向かって真っすぐ下ろします。
この時は、先程の注意の他に6弦にしっかりピックをヒットさせる事も気を付けながらやります。

最後に、さっきピックをあてがった位置の少し上にピックを構え、同じく助走をつけて(振り上げて)からストロークします。
しっかり6弦から1弦まで同じ力でヒットするように気を付けましょう。

アップピッキングの練習

アップピッキングは、基本のテクニックな割に中級者以降の方でも苦手な方が多いので、曲がスラスラ弾けるくらい上達してきたらもう一度基本に立ち返って練習すべきテクニックの一つです。
練習法としては前セクションのダウンピッキングを1弦から行なうだけですが、意外とやりづらいと感じる事が多いかと思います。
特に6弦に上手く当たらずにピックが前に逸れてしまう事が多いので、自分の胸に向かってピックを引き上げる意識をしてみて下さい。

また、ダウンアップ共に手首を使って行なうのが基本です。
往復ビンタをするような動きを意識して、出来るだけ手首の回転を使いながら弾く事を心掛けましょう。


| 1回60分 ¥4,000から始められる、千葉県柏の音楽レッスン♪ |
|SAUCER OF THE SOUND Music School スクールホームページ