昨日の夕方のニュースで

亡くなった志村けんさんのお兄さんのインタビューで

真実を知り、衝撃を受けました…。

 

 

↓その関連の記事です

感染拡大防止のために面会できず

「死後も会えない、骨上げ立ち会えない」

 

 

そうだよね…そうなんだよね。

 

よく考えたらそうなんだよね。。。

 

いくら風邪やインフルエンザと変わりないと言われていても

今のコロナは伝染病扱いになるため、

もしコロナで亡くなってしまったら、

遺体にも触れられないどころか近寄ることは許されないため

一旦、家に連れ戻してからお葬式ってことが出来ません。

 

それどころか、火葬場までも立ち会えない。

 

なので、コロナに感染して入院して死ぬことになったら、

死に目や遺体に会えないどころか

遺骨で帰ってくるってことになるんです。

 

 

 

まだコロナ意識の低い若い方に想像してもらいたい。

 

 

「私は若いから関係ないしぃ~、

我慢なんて出来ない!無理!無理!

自粛してたら気が狂いそうなんで、

クラブやライブに行きましたw」

 

 

テレビのインタビューでそう答えてた

若い方がまだいらっしゃいました。

 

自分は確かに若くて体力があって

もしコロナに掛かっても普通の風邪や

インフルエンザと変わりがないかもしれない。

 

でもそのことで知らずうちに家族に感染させ、

自分は大丈夫だったけど、

両親や祖父母にうつしてしまい、

両親ともども急遽入院。

 

そして悪化して1週間後に亡くなってしまったら・・・

 

次に会えた時は遺骨でした…。

 

ってことになるんです。

 

親が入院して

 

「今日のご飯どうなるの?」

「おこづかいは?」

 

っていうレベルの問題じゃなくなります。

 

両親が亡くなってしまったら

あなたのこれからの生活や

人生レベルの問題に発展します。

 

今まで当たり前だと思っていた幸せが

一瞬にして壊れることがあるんです。

 

ましてそれが自分の認識の甘さから招いたことなら、

一生悔いながら生きることになるかもしれません。

 

「風邪やインフルエンザと変わりない」

 

というのは治療薬が出来てから言ってください。

 

その言葉は警戒心がピリピリの人に掛けられる言葉です。

 

コロナ意識が低い人が受け取る言葉ではない。

 

 

今、中学生や高校生のご両親は30代や40代ぐらいになるのかな?

 

 

 

 

 

普通のインフルエンザと変わりないというけど、

この苦しい表情の女性を見てもまだ言えますか?

 

 

イギリスでは基礎疾患のない20代の女性が亡くなっています。

 

 

↓その記事

イギリスで21歳女性が死亡

 

 

必要以上に怖がらせるつもりはないけど、

あまりにも危機感がない日本人が多過ぎるので

実例を挙げてみました。

 

 

 

最後に・・・

 

サッカー日本代表選手たちが警鐘を鳴らす、日本人の危機感の薄さ

 

 

 

↓本田圭佑さんから

本田圭佑が解説記事を紹介