僕のミラクル思考が生まれた河川敷の対岸に彼女は突っ立っていた。これからもお世話になるのだろうが、生憎こちらには話をする時間がない。橋を渡る最中、こちらにやってきて隣を歩き始めた彼女が立ち止まる。「飛び降りたら?」と言うのだ。川面には流れてきた浮き輪が揺られていた。おい。

#twnovel
https://twitter.com/satalonade/status/1232515241017167872

 

 

フォローしてね…