あ!!これ夢だ!!!!!!


夢だと気付けた夢ほど良いものはない。冷蔵庫の中を全部ひっくり返して、卵なんてバキバキに割って、ある程度食べたら西に向かって飛び立った。体がとても軽い。空はいいなぁ。


カモメと話しながら10分くらい飛んでると、遠くの方に昔住んでた町が見えてくる。楽しかった小学校、思い出の公園。神社。昔住んでた家。ちょっと寄ってくか。


小さい。大人になってから来るとひと回り小さいな。鍵がかかってる。あれ、夢の中なのに開かない、おかしい。鍵はあの頃と同じ場所に隠してあった。ラッキー


家の中もあの頃のままだ。父が書斎で新聞を読み、キッチンで母が唐揚げを作る。5歳の僕はリビングでヨッシーアイランドをやってる。みんな僕が見えていないらしい。あれ、妹がいないな。妹がいない。妹にも会いたいのに。


自分の部屋にいるのかな??階段を上がり妹の部屋の扉を大きく開けた。


僕は妹の部屋の扉を大きく開けた。妹に会いたかったから。