「幻」

テーマ:

「まぼろし」はある意味

真実を強くついている言葉なのかも知れない


絶え間なく移り変わり世の中で

確かな約束などない世界の中で


天気予報  雨90%を甘く見くびって傘も持たずに出かけ

土砂降りに

びしょ濡れになった

僕の靴下


世の中は自分を中心に回ってるわけではないと思い知らされた帰り道


現れては消えてゆく現実


そう

すべては「まぼろし」に過ぎないのだ


それでも

この星のどこかに

永遠の約束が存在してるはずだと


傷つきながらも

追い求める


夢見がちな

少年の

「僕」